かつてJリーグで活躍したチェ・ヨンス氏【写真:Getty Images】

写真拡大

かつて日本の3クラブでプレーしたFWチェ・ヨンス氏がJリーグ時代について語る

 元韓国代表ストライカーが、日本のJリーグでプレーしていた時代の衝撃秘話を明かした。

 その人物とは、日本の3クラブでプレーしたFWチェ・ヨンス氏だ。「日本で活躍していた時代にいじめ」と、韓国メディア「インサイト」が伝えている。

 チェ・ヨンス氏といえば、2001年から03年までジェフユナイテッド市原(当時)でプレーし、04年に京都パープルサンガ(当時)、05年にジュビロ磐田に在籍。06年に母国へ戻り、FCソウルで選手兼監督を務め、同年夏に現役から引退した。

 日本ではJ1通算88試合55得点、J2通算33試合20得点と圧倒的な得点力を発揮し、韓国代表としても通算67試合27得点の結果を残した。98年から2大会連続でワールドカップ出場を飾り、2002年日韓大会でベスト4に輝いた伝説のメンバーの一員でもある。

「韓国の伝説的なストライカーがJリーグ時代の困難な経験を打ち明けた」と報じたのは、韓国メディア「インサイト」だ。チェ・ヨンス氏が韓国のラジオ番組「ペ・ソンジェのテン」に出演した際のコメントを引用しつつ、「パスが来なくて練習にならなかったし、ユースの子は挨拶もしなかった。古参はそれを見て楽しんでいたよ」と、日本時代の苦い思い出を振り返ったと伝えている。


「ゴールを決めたら…」と当時回想 韓国メディア「180度態度が変わった」

 来日前の2000年にKリーグMVPを受賞した同氏は、名実ともに韓国サッカー界で知られる存在となった。記事では「Kリーグ最高のスターは悩み、韓国に帰りたいと思うようになった」と記している。

 もっとも、チェ・ヨンス氏はすぐさま溶け込み、その実力を存分に発揮していく。「人生を学んだ経験だった。ゴールを入れて実力を見せたら、私を認めてくれて親しくなった」と明かしている。

 記事では「若い選手が、チェ・ヨンスの家まで訪ねて洗車したり、180度態度が変わった。日本人選手たちのなかで実力を見せつけ、“ボス”の座に駆け上がったのだ」と指摘。その後の活躍は前述のとおりだが、「Jリーグ時代に121試合75ゴールという怪物のような得点力を見せつけた。Jリーグでも伝説的なストライカーとして認められている」と締めくくられた。

 韓国のレジェンドが語った日本時代の逸話を、母国メディアも驚きをもって伝えている。


(Football ZONE web編集部)