2018年7月より6か月連続で順次公開される、人気アニメ作品『K』シリーズの新作となる劇場アニメーション『K SEVEN STORIES』。8月5日シネマサンシャイン池袋にて、その第2作目となったEpisode 2「SIDE:BLUE 〜天狼の如く〜」の舞台挨拶付き上映会が行われ、上映終了後にキャスト登壇による舞台挨拶が行われた。

津田健次郎さん、土屋神葉さん登壇「納涼・浴衣スペシャル!」オフィシャルレポート

 今回の舞台挨拶は「納涼・浴衣スペシャル!」と題してあり、劇場内に善条剛毅 役の津田健次郎さん、楠原 剛 役の土屋神葉さんが艶やかな浴衣姿で登場すると、わあっと拍手と歓声が起こりました。

 ご挨拶の後、あらためて司会より「納涼・浴衣スペシャル!」であることが説明されると津田さん、土屋さんは舞台の両端までファッションショーのランウェイのように手を振りながら練り歩き、お客さんを沸かせました。

 あらためてEpisode 2「SIDE:BLUE 〜天狼の如く〜」作品内容についてのお話に移り、上映後の舞台挨拶ということでネタバレを気にせずにお気に入りのシーン、ご自身が演じるキャラクターの魅力について語っていただきました。

 そして前回のEpisode 1舞台挨拶でも実施されたお客さんを巻き込んだ「クランズマンコール」コーナーへ!今回は《王》が不在のためお客さんに《青の王》となって号令をかけもらい、善条と楠原が”抜刀”するという企画。実際の映画を観たお客さんにしかわからないスペシャルな内容に、会場からは大きな歓声が!!ぜひその意味を確かめに劇場へ足を運んでみてください!

 惜しまれつつもあっという間に終了時間。最後にお二人よりメッセージが贈られ、舞台挨拶は幕を閉じました。

 「もう終わりだと思うととても名残惜しいですが、楠原の”抜刀”がこの舞台挨拶で言えたことはとても嬉しく、皆様に聞いていただけてよかったなと思っております。この作品はとても切ない物語ですが、その中でも勇気をもらえる作品だとも思います。(作品を観て)こうやって前向きに考えることもできるんだな、と思っていただけたら、そして作品のメッセージとして受けとってもらえたら嬉しいです。『K』の作品、そして『K』のこの世界で、これからも楠原を皆様の心の中で親しんでいただけたらと思います。」(土屋)

 「TVシリーズ1期からこうして様々な展開があり、今回なんと劇場7作品という『K』の世界にまで来ることができました。『SIDE:BLUE』も始まったばかり、そして今後色々なタイプの作品がまだまだ待っていますから、ぜひ全部観ていただけたらと思います。こうして皆様に舞台挨拶などでお会いできるのはありがたいかぎりです。それも皆様がずっと『K』を応援してくださったおかげだと思っております。これからも『K』への思いを”抜刀”し続けていただければ嬉しいです。引き続き全力応援お願いいたします。」(津田)

 TVアニメ第2期の放送が終了してから3年。ファンが熱く待ち焦がれ続けた「K」シリーズの新作は、全7部作で構成される劇場アニメーション「K SEVEN STORIES」として世に送り出された。7月に劇場公開が始まり、その第2作目となるEpisode 2「SIDE:BLUE 〜天狼の如く〜」が現在公開中。

 未曾有の被害をもたらした「迦具都事件」から十数年後、新《青の王》となった宗像礼司率いる《セプター4》の物語。TVアニメ第1期よりも過去の《セプター4》を、ぜひ劇場に足を運んで観てほしい。

 そして、6か月にわたって毎月異なるエピソードが公開されていく本作品の第3作目であるEpisode 3「SIDE:GREEN 〜上書き世界〜」は、9月1日(土)より劇場公開がスタートする。次々明らかになるそれぞれの《王》や各クランたちの物語は、これまで「K」シリーズを応援してきたファンにとってはさらに深く楽しむことができ、新しく「K」を知った方にはきっかけとなり「K」の世界の魅力へ惹きこまれることだろう。

 2018年12月まで毎月、月替わりで劇場公開する作品すべてをどうぞお見逃しなく。

K SEVEN STORIES Episode 2「SIDE:BLUE 〜天狼の如く〜」作品情報

【あらすじ】
 《赤の王》と《青の王》の激突の果て、南関東に未曾有の被害をもたらした「迦具都事件」から十数年。事件を生き延びた男・善条剛毅は、新《青の王》宗像礼司率いる《セプター4》の片隅に所属している。自らの主に成り代わった男に対する不信を捨てきれない善条に対し、宗像は新入隊員・楠原剛に剣術の稽古をつけるよう依頼する。宗像は急増する異能者事件に対応するため、選抜部隊「特務隊」の新設を計画していた――。

DATA

【公開情報】『劇場アニメーション K SEVEN STORIES』
2018年7月7日(土)Episode 1 「R:B 〜BLAZE〜」
2018年8月4日(土)Episode 2 「SIDE:BLUE 〜天狼の如く〜」
2018年9月1日(土)Episode 3 「SIDE:GREEN 〜上書き世界〜」
2018年10月6日(土)Episode 4 「Lost Small World 〜檻の向こうに〜」
2018年11月3日(土)Episode 5 「メモリー・オブ・レッド 〜BURN〜」
2018年12月1日(土)Episode 6 「Circle Vision 〜Nameless Song〜」
各エピソード同時上映 Spin-off Short Movie「ザ・アイドルK」

■『K SEVEN STORIES Episode 1“R:B〜BLAZE〜”』
公式サイト:http://k-project.jpn.com/k7s_rb/

STAFF:
原作=GoRA×GoHands
監督・キャラクターデザイン=鈴木信吾
シリーズ構成/脚本=GoRA
音楽=遠藤幹雄
主題歌=angela
アニメーション制作=GoHands
製作=k-7project

CAST:
周防 尊=津田健次郎
宗像礼司=杉田智和
草薙出雲=櫻井孝宏
十束多々良=梶 裕貴
矢俣大智=八代 拓 ※新キャスト
淡島世理=沢城みゆき
…他
※敬称略

【イントロダクション】
 ≪セプター4≫解散から一年余。肥大した≪吠舞羅≫が一部に暴走の兆しを見せる中、彼らを統率すべき≪赤の王≫周防尊は、己を蝕む王の力に苛立ちを強めていた。そんな彼の元に、新たな≪青の王≫誕生の報が届く。新王宗像礼司は、その手腕で瞬く間に≪セプター4≫を再建。混乱の元凶たる≪吠舞羅≫へと視線を向けた。王の宿命に苦しむ≪赤の王≫と、王の理想に燃える≪青の王≫。若き両王が出会うとき、新たな戦いの幕が開ける。

■『K SEVEN STORIES Episode2「SIDE:BLUE 〜天狼の如く〜」』
公式サイト:http://k-project.jpn.com/k7s_sb/

ROAD SHOW:2018年8月4日

STAFF:
原作=GoRA×GoHands
監督・キャラクターデザイン=鈴木信吾
シリーズ構成/脚本=GoRA
音楽=遠藤幹雄
主題歌=angela
アニメーション制作=GoHands
製作=k-7project

CAST:
宗像礼司=杉田智和
善条剛毅=津田健次郎
楠原 剛=土屋神葉 ※新キャスト
羽張 迅=神谷浩史 ※新キャスト
塩津 元=前野智昭 ※新キャスト
淡島世理=沢城みゆき
伏見猿比古=宮野真守

【イントロダクション】
 《赤の王》と《青の王》の激突の果て、南関東に未曾有の被害をもたらした“迦具都事件”から十数年。事件を生き延びた男・善条剛毅は、新《青の王》宗像礼司率いる《セプター4》の片隅に所属している。自らの主に成り代わった男に対する不信を捨てきれない善条に対し、宗像は新入隊員・楠原剛に剣術の稽古をつけるよう依頼する。宗像は急増する異能者事件に対応するため、選抜部隊“特務隊”の新設を計画していた――。

■『K SEVEN STORIES Episode 3「SIDE:GREEN 〜上書き世界〜」』

公式サイト:http://k-project.jpn.com/k7s_sg/

ROAD SHOW:2018年9月1日

STAFF:
原作=GoRA×GoHands
監督・キャラクターデザイン=鈴木信吾
シリーズ構成/脚本=GoRA
音楽=遠藤幹雄
主題歌=angela
アニメーション制作=GoHands
製作=k-7project

CAST:
比水 流=興津和幸
五條スクナ=釘宮理恵
御芍神 紫=森田成一
磐舟天鶏=大塚芳忠
平坂道反=名塚佳織
コトサカ=下野 紘

【イントロダクション】
 ユーザーに異能の力を与えるSNSアプリ《jungle》。五條スクナはそれを活用し、実家からの追っ手を振り切りながら生活していた。そのさなか、彼は《jungle》の創始者であり、《緑の王》でもある比水流と接触する。比水の語る“夢”に興味を惹かれたスクナは、最高位のランカーになり、比水に直接会う権利を獲得するため、最強の《jungle》ユーザーである御芍神紫に挑む。

■K SEVEN STORIES Episode 4『Lost Small World 〜檻の向こうに〜』
公式サイト:http://k-project.jpn.com/k7s_lsw/

ROAD SHOW:2018年10月6日

STAFF:
原作=GoRA×GoHands
監督・キャラクターデザイン=鈴木信吾
シリーズ構成/脚本=GoRA
音楽=遠藤幹雄
オープニング主題歌=angela『SURVIVE!』
エンディング主題歌=angela『Lost Small World 〜檻の向こうに〜』
アニメーション制作=GoHands
製作=k-7project

CAST:
伏見猿比古=宮野真守
八田美咲=福山 潤
大貝阿耶=小倉 唯
伏見仁希=三木眞一郎
伏見木佐=明坂聡美
周防 尊=津田健次郎
宗像礼司=杉田智和

【イントロダクション】
 中学で仲間外れにされていた八田美咲は一匹狼の同級生・伏見猿比古に興味を持つ。伏見の屈折した性格形成には空虚な家庭環境と、エキセントリックな父・仁希の影響があった。八田は持ち前の明るさとガッツで伏見との友情を築き、やがて伏見が心を許す唯一無二の存在となっていく。“小さな世界”でくすぶっていた、ただの中学生だった二人が、ドレスデン石盤の力が蠢く激動の世界へと足を踏み入れるまでの物語――。

■K SEVEN STORIES Episode5『メモリー・オブ・レッド 〜BURN〜』
公式サイト:http://k-project.jpn.com/k7s_mor/

ROAD SHOW:2018年11月3日

STAFF:
原作=GoRA×GoHands
監督・キャラクターデザイン=鈴木信吾
シリーズ構成/脚本=GoRA
音楽=遠藤幹雄
オープニング主題歌=angela『SURVIVE!』
エンディング主題歌=angela『BURN』
アニメーション制作=GoHands
製作=k-7project

CAST:
周防 尊=津田健次郎
草薙出雲=櫻井孝宏
十束多々良=梶 裕貴
櫛名アンナ=堀江由衣
八田美咲=福山 潤
鎌本力夫=中村悠一

【イントロダクション】
 十二月初め、《吠舞羅》の面々は紅一点である櫛名アンナの誕生日のための準備を始めていた。その裏で、新たに誕生した第七王権者《無色の王》が不穏な動きを見せる。《無色の王》が目を付けたのは、強大な力と破壊衝動を抱える周防のストッパーの役割を担っていた《吠舞羅》の幹部、十束多々良だった。アンナの誕生日前日の夜、十束は夜景を撮りに屋上へ向かう。そこで十束は《無色の王》に出会い、銃弾を撃ち込まれる。

■K SEVEN STORIES Episode 6『Circle Vision 〜Nameless Song〜』
公式サイト:http://k-project.jpn.com/k7s_cv/

ROAD SHOW:2018年12月1日

STAFF:
原作=GoRA×GoHands
監督・キャラクターデザイン=鈴木信吾
シリーズ構成/脚本=GoRA
音楽=遠藤幹雄
オープニング主題歌=angela『SURVIVE!』
エンディング主題歌=angela『Nameless Song』
アニメーション制作=GoHands
製作=k-7project

CAST:
伊佐那 社=浪川大輔
夜刀神狗朗=小野大輔
ネコ=小松未可子
謎の少年=村瀬 歩

【イントロダクション】
 それは、ささやかな祈りがもたらした光景だった。アドルフ・K・ヴァイスマンは愛する人々と食卓を囲み、八田美咲は仲間達と燃え立つような日々を過ごし、淡島世理は自身に課せられた任務に迷いなく精励し、五條スクナは眩い夢を追って戦場を駆ける。天空に浮かぶ、五本の《ダモクレスの剣》の下で。なにもかもが、いつか来た道。あるいは、どこにもなかった場所――。すべては、ささやかな祈りがもたらした、哀惜の光景だった。

■Spin-off Short Movie『ザ・アイドルK』

公式サイト:http://k-project.jpn.com/k7s_idol/

STAFF:
原作=GoRA×GoHands
監督/キャラクターデザイン=鈴木信吾
シリーズ構成/脚本=GoRA
音楽=遠藤幹雄
アニメーション制作=GoHands
製作=k-7project

CAST:
伊佐那 社=浪川大輔
夜刀神狗朗=小野大輔
周防 尊=津田健次郎
八田美咲=福山 潤
宗像礼司=杉田智和
伏見猿比古=宮野真守
比水 流=興津和幸
御芍神 紫=森田成一
…他
※敬称略

©GoRA・GoHands/k-7project