「ガーリー・エアフォース」2019年冬放送決定 メインキャストは逢坂良太&森嶋優花

写真拡大 (全2枚)

(C)2018 夏海公司/KADOKAWA/GAF Project

夏海公司氏の小説をサテライトがアニメ化する「ガーリー・エアフォース」が、2019年冬から放送されることが決定。メインキャストも明らかとなり、主人公の鳴谷慧を「ダイヤのA」「新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION」の逢坂良太、グリペンを「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」の森嶋優花が演じる。

同作は、空に焦がれる少年・鳴谷慧と“人類の切り札”となった少女たちの物語。突如、人類の航空戦力を圧倒する謎の飛翔体ザイが出現し、追い詰められた人類は対抗兵器として戦闘機「ドーター」を開発する。ドーターを操るのは少女の姿をした操縦機構「アニマ」。慧は、アニマの少女・グリペンらととともに、ザイに立ち向かっていく。

なお、10月7日開催の「電撃文庫25周年記念 秋の収穫祭」では、放送にさきがけて逢坂と森嶋が登壇する「ガーリー・エアフォース」ステージイベントが行われる。