ジーナ・ロドリゲス、『ジェーン・ザ・ヴァージン』の共演者と婚約!

写真拡大

米CWの大人気コメディ『ジェーン・ザ・ヴァージン』で主演を務め、2015年にはゴールデン・グローブ賞TVシリーズコメディ/ミュージカル部門女優賞に輝いた34歳のジーナ・ロドリゲスが、同作で共演したジョー・ロシセロと婚約したことがわかった。米The Hollywood Reporterが報じた。

【関連記事】こちらも共演がきっかけで結婚!『ゲーム・オブ・スローンズ』キット・ハリントン&ローズ・レスリーの幸せなそうな姿を写真レポ

ジーナは女性製品の会社Alwaysのメディアツアーで彼との関係について詳しく語った。同社は、低所得の家庭で月経関連商品を購入することができずに生理期間に学校に行くことができないアメリカ人の女の子たちのサポートを行っている。これまでも不法移民の学生の学費支援を行うなど、積極的な活動を行ってきた彼女は、そのような女の子が米国にいることを知り、心を痛めたという。

そして、7月末から噂になっていた恋人との関係について「私は結婚を夢見るタイプの女の子ではなかった」と語り始め、「いつも本当にクールなパートナーに出会うことを願っていたの。性別に関わらず、私を高めてくれて、サポートしてくれて、私が輝くことを望んでくれる人。そして同じように、だけど自分のやり方で自身も輝いていられる人、それがジョーだったのよ。彼と『ジェーン』の現場で出会ったの」と、婚約を正式に認めた。

ジーナは今週から『ジェーン・ザ・ヴァージン』の撮影に戻る。シリーズファイナルとなるシーズン5の第1話では監督を務めることも決まっている。シリーズの結末については、把握はしているものの作家がどのようにその結末への道を描くかは知らないそう。

彼女にとって出世作で生涯の伴侶と出会うきっかけとなった『ジェーン・ザ・ヴァージン』は残念ながら終了してしまうが、来年には『Marvel デアデビル』のクレア役でおなじみロザリオ・ドーソン主演のコメディ映画『Someone Great(原題)』や、ジーナ主演のアクションスリラー映画『Miss Bala(原題)』などの公開を控えている。最愛のパートナーを見つけ、公私ともに順調な彼女は、今後ますますの活躍が期待されている。(海外ドラマNAVI)