残業の賃金不払い約446億円が労働者に 1年間で319億円の急増

ざっくり言うと

  • 「働き方改革」の影響により、残業や賃金の見直しが企業で急速に拡大した
  • 2017年度は、総額約446億円の残業などの割増賃金が労働者に支払われた
  • 2016年度と比較して319億円の急増となり、過去最高の数値となった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング