酒飲みなら当然知ってるでしょ?

写真拡大

― 30代が知らないと恥ずかしい! 今さら聞けないお酒のキホン第12回 ―

 雑談でフックになるのがランキングネタです。例えば食事にルッコラが付いてきたとき、「日本で一番ルッコラを作っている産地はどこでしょう?」と振ってみれば、「どこだろう〜?」と会話が弾むことでしょう。ちなみに、答えは東京都です。

 もちろん場所がBARなら、お酒をネタにしたいところです。そこで今回は、世界のお酒に関するランキングネタなどをご紹介します。

◆世界一酒を飲む国はどこだ?

 まずは、世界で最もお酒を飲んでいる国・地域をチェックしてみましょう。

 第1位はエストニア共和国です。北ヨーロッパにある国で、人口は134万人ですが、アルコールを年間15.35リットルも飲んでいます。ウイスキーで言えば55本。毎日、ハイボール3杯を飲んでいる計算ですね。日本人でも酒豪であればこの2〜3倍は飲んでいるものの、全国民の平均でこれというところがすごいです。

 2位以下はリトアニア、チェコ共和国、フランス、ブルガリア、アイルランド、ルクセンブルクと続き、年間10リットルを切るのがイギリスで9.81リットル。ヨーロッパ勢の強さが目立ちます。

 日本は136位と中の下くらいで、年間6.86リットル。中国は46位、韓国は119位なので、アジアのなかでも日本は、あまりお酒を飲んでいない国となっています。

◆10歳から飲酒OKの国があった!

 飲酒可能な最低年齢ランキングもネタになりそうです。パキスタンやパラオ、モンゴル、アメリカなどは21歳から、日本をはじめタイやアイスランドは20歳から。韓国やネパール、モナコなどのように、18歳からの国が最も多くなっています。マルタやキプロスは17歳から、デンマークやルクセンブルグは16歳からとなっています。

 さて、国が定める飲酒可能年齢が最も低いのはどこの国でしょう?

 答えは、アンティグア・バーブーダ。カリブ海東にある国で、イギリス連邦の加盟国。なんと10歳からお酒を飲めるのです。信じられませんね。

◆アメリカは2位。ウイスキー消費量が世界一の国は?

 ウイスキー消費量ランキングの1位は、以前にご紹介したように、インドです。2位のアメリカは、なんといってもバーボンの消費量が半端ではありません。意外なのが3位のフランスでしょうか。実は、ウイスキー蒸留所がいくつもある、ウイスキー大好き国の1つなのです。日本は第4位、イギリスが5位です。ただし、現在、中国が猛烈な勢いで追い上げています。そう遠くないうちに、ランキング上位に食い込んでくることは間違いないでしょう。

 ちなみに、国内ではもちろん東京都がもっとも多く、年間2.4リットルです。2位以降は、宮城県、青森県、山梨県、北海道、秋田県、山形県と、北寄りがたくさんウイスキーを楽しんでいるようです。

◆アルコール度数世界一のお酒は?

 アルコール度数の高いお酒ランキングは、これも以前にご紹介したように、ポーランドのウォッカ「スピリタス」が96度で1位です。2位はアメリカの「エバークリア」が95度、3位がアイルランドの「ノッキーン・ポチーン」が90度です。どれもそれほど美味しいものではなく、ジュースで割って安く手軽に酔うために学生が飲んだりしています。

 今日も仕事が終わったら、お酒のウンチクをネタに楽しく飲みましょう。 <文/柳谷智宣>

【柳谷智宣】
お酒を毎晩飲むため、朝出勤する会社勤めが無理ということで20年前にIT・ビジネスライターとしてデビュー。酒好きが高じて、2011年に原価BARをオープンし、国内外5店舗を展開。2年前には海底熟成ウイスキーを扱う「トゥールビヨン」を立ち上げた