抗がん剤を過剰に投与する医療ミス 山口県で70代男性患者が死亡

ざっくり言うと

  • 山口県にある病院が10日、70歳代の男性患者に対して医療ミスがあったと発表
  • 抗がん剤を過剰に投与し、副作用の影響で死亡したという
  • 病院側は、医師らが抗がん剤の処方についての認識が不足していたとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング