アニヤ・テイラー=ジョイ Photo by Desiree Navarro/
WireImage/Getty Images

写真拡大

 「スプリット」「ウィッチ」の女優アニヤ・テイラー=ジョイが、アイルランドの青春小説を映画化する新作「Here Are the Young Men(原題)」に主演することがわかった。

 米ハリウッド・レポーターによれば、そのほかの主要キャストとして「ゲーム・オブ・スローンズ」のディーン=チャールズ・チャップマン、「ピーキー・ブラインダーズ」のフィン・コール、「シング・ストリート 未来へのうた」のフェルディア・ウォルシュ=ピーロが共演。「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソンが、製作総指揮を手がける。

 原作は、2014年に出版された作家ロブ・ドイルのデビュー小説で、03年夏のダブリンが舞台。目的のない日々を過ごしているティーンエイジャーのマシュー(チャップマン)は、幼なじみで自立した少女ジェン(テイラー=ジョイ)に恋い焦がれているが、カリスマ性のある友人カーニー(コール)に導かれ、男だけの虚無的な世界に足を踏み入れる。一方で、早熟なもう1人の友人レズ(ウォルシュ=ピーロ)は精神のバランスを崩し始めていた……というストーリーのようだ。

 映画は、アイルランド人のオーエン・マッケンが脚色、監督を務める。マッケンは「バイオハザード ザ・ファイナル」などに出演している俳優で、ジョージ・R・R・マーティンの小説が原作のNetflixドラマ「NIGHTFLYERS/ナイトフライヤー」にも出演している。また、13年の映画「Leopard(原題)」(ジャック・レイナー主演)では監督・脚本・出演を務めた。