背中痩せにオススメ!超かんたん肩甲骨ストレッチ3選

写真拡大 (全2枚)

ウエストを細くしたい、二の腕を引き締めたいなど、今より痩せてキレイな体を作りたい!という方多いですよね。でも待ってください、あなたが痩せたいと思っているところは”見えているところ”だけではないでしょうか?普段自分では”見えないところ”、すなわち背中にも余分な脂肪はついているのです。そんな背中の余分な脂肪を簡単な肩甲骨ストレッチで撃退しましょう!

なぜ背中に脂肪がつくの?

そもそも背中に脂肪がつく原因は何でしょうか?

それは、加齢や運動不足、姿勢の悪さにあると言われています。

中でも多いのが“猫背”です。

猫背になってしまう人は、背中の筋肉が少ないために重力に負けて体が前に傾きやすくなっているんです。

猫背になると、背筋は引き伸ばされた状態になり、肩甲骨が開きます。

その状態が長く続くと、背中の筋肉が使われずに衰え、背中全体に脂肪がつくようになります。

良い姿勢のポイントは肩甲骨にあり

肩甲骨は、体の様々な筋肉と繋がっていて特にその種類が多いのが特徴です。

肩甲骨や周りの筋肉を動かすことで、代謝を上げて、背中痩せにアプローチしていくことができます。

また、肩甲骨を動かすことで背中に筋肉がつき猫背で広がった肩甲骨を元の位置に戻すことができるので、正しい姿勢に戻すことができます。

簡単にできる肩甲骨ストレッチを3つご紹介します。

肩甲骨ストレッチ

両足を肩幅に開いて立ち、両腕を後ろで組みます。ゆっくりと両腕を持ち上げていき、止まるところまで上げます。そのまま10秒キープします。ゆっくりと腕を元に戻します。

ポイント

両腕を持ち上げる高さは無理をせず上がるところまでにしましょう。

無理に高く上げようとすると体が前へ傾いてしまうので、できるだけ体が傾かないようにすることが大切です。

肩甲骨ストレッチ

少し胸を張った姿勢をとり、指先を肩に置きます。そのまま手の位置を変えずに、肘で大きな円を描くように、前にゆっくりと5回まわします。後ろにもゆっくりと5回まわします。

ポイント

前後に回すときは、できるだけ大きく回すようにすると、肩甲骨とつながっている筋肉をしっかり動かすことができます。

左右同時に行っても良いですが、慣れないうちは、片方ずつの方が少しやりやすいかもしれません。

肩甲骨ストレッチ

両腕を肩の高さまで上げ、肘をまげて、手のひらと肘をくっつけます。ゆっくりと腕を開いて、両腕を後ろに引き肩甲骨を寄せます。ゆっくり元の位置に戻します。これを10回繰り返し行います。

ポイント

両腕を後ろに引くときに、しっかりと肩甲骨を寄せることを意識して行いましょう。

背中美人を目指しましょう

肩甲骨をストレッチすると、背中痩せや、背中の脂肪の原因となる猫背も改善することができ、一石二鳥ですね♪

とても簡単なので、ぜひ今日から始めて、背中美人を目指しましょう。

 

 

関連記事

背筋が重要!背中美人になるヨガポーズ4選

肌見せの季節到来!背中ニキビが出来る原因とニキビの対策方法とは