西日本豪雨でのダム放流は「適切」 市の説明に住民は怒りの声

ざっくり言うと

  • 西日本豪雨でダムが水を放流した後、愛媛県西予市で川が氾濫して5人が死亡
  • 9日夜、市や国交省の担当者らは「操作は適切だった」と繰り返し説明
  • 「言い訳をしているとしか聞こえない」など、住民からは怒りの声が相次いだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング