画像はイメージです

写真拡大

 テレビ朝日の看板報道番組「報道ステーション」で、同局の富川悠太アナウンサーとともにキャスターを務めた小川彩佳アナウンサーが9月いっぱいで卒業。10月からは月曜から木曜までを富川アナとともに、お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの内村光良の妻で、フリーの徳永有美アナウンサーがキャスターを務めることが8日、同局から発表されたことを各メディアが報じている。

 徳永アナは2005年3月25日に内村との結婚を発表。同4月8日付でテレビ朝日を退職し、同4月23日に内村と入籍。テレ朝の番組復帰は13年ぶりとなった。

 「徳永アナはもともと、テレビ朝日の社員と結婚していたが、内村との不倫が発覚。それが原因で夫と離婚し、テレ朝に居場所がなくなってしまった。内村と結婚後、2人の子供をもうけ、17年1月からAbemaTVの『AbemaNewsチャンネル』のニュース番組でキャスター復帰。その番組の評判が良く、『報ステ』のキャスターの座をゲットした。内村も仕事が好調なので、夫婦での稼ぎはかなりの金額になりそう」(テレビ局関係者)

 そこで、気になるのが小川アナの今後。発売中の「週刊文春」(文芸春秋)では、交際が報じられていた嵐・櫻井翔と今年4月に破局。櫻井は21歳の女子大生と交際中であることが報じられたのだ。

 「櫻井とは結婚観の違いで破局。『報ステ』降板後、小川アナは徳永アナがキャスターを務めていた、AbemaTVのニュース番組のキャスターを務めることになりそうです。しかし、どうしても“都落ち”のような配置換え。小川アナが納得できるとは思えず、そのうちテレ朝を退社するのでは。問題意識が高く、『報ステ』では言いたくても言えないこともあったので、ジャーナリストの櫻井よしこさんのようなキャスターに転身する可能性が高そうです」(芸能記者)

 小川アナにとって、櫻井との破局&「報ステ降板」が大きな転機になりそうだ。