愛犬の死を受け入れられないのは悪いことではない

愛犬が亡くなった時、当然のことながら大きなショックを受けるでしょう。

あまりにもショックな状況のため、頭と心がそれを受け入れることができず、もういないということが信じられなかったり、突然ハイテンションになるなど気持ちが不安定になってしまうことはめずらしいことではありません。

時間が経つにつれて愛犬の死が現実であるということを理解し始め、悲しみが和らぐどころかますますつらく苦しい気持ちになってしまうことは多くの人が経験することだと思います。

そうして愛犬の死を受け入れられない時や悲しんでいる時、それをより助長するのが周囲の無理解だと思います。

犬を飼ったことがない人や犬は家族であるという意識が薄い人からはいつまでも悲しんでいることに対して「たかが犬が死んだくらいで…」と思われてしまうこともあります。

口に出して言われなくても、そのような気持ちというのはつらい時だからこそ敏感に感じ取ってしまうものです。

家族の中でも愛犬の死の受け入れ方や思いは違うので、悲しみを誰とも共有することができずに苦しんでしまうということは少なくありません。

しかし、愛犬を失っていつまでも悲しんでいてはいけない、などと思う必要はありません。

確かにいわゆる「時間薬」というものはあると思いますが、1か月経ったからもう泣くのはおかしい、半年経ったからもう落ち込むのはやめなくちゃ、1年経ったから次の犬のことを考えよう、など周囲の意見に振り回されて自分を追い込んだり責める必要はないんですよ。

気になるペットロスの症状

ペットロス(ペットロス症候群)は、犬などのペットの死に際して飼い主に起こる心身の疾患のひとつとされ、不眠うつ摂食障害無気力

などの症状を引き起こし、それに伴い身体的な異常も発生させます。

悲しみや混乱、怒り、否認、罪悪感、抑うつなど、時間の経過とともに変化しながらもそれらの感情に陥ってしまい抜け出せなくなってしまうのです。

また、愛犬の存在が自分の中で心のよりどころであった場合、そのよりどころを失ったことでさらにつらい思いをすることがあります。

愛犬の死による抑うつだけでなく、家庭問題や職場の人間関係などさまざまなストレスにさらされて、リラックスする場所を失ったことでより重い抑うつ状態に陥ってしまうことがあります。

さらに、精神的な病というのは身体的な症状をも引き起こすとされています。

頭痛や腹痛、めまい、吐き気などは比較的起こりやすく、中には精神的な負担から幻覚や幻聴があらわれたり血糖値の上昇が起こったり、心臓疾患が悪化したという例もあるそうです。

心を軽くするために出来ること

愛犬の死を受け入れられない時、ペットロスに陥ってしまった時はまずその感情を否定しないことが大切です。

「こんなことでいつまでも悲しんでいてはいけない」という気持ちは、自分をより一層苦しめ、悲しみを長引かせてしまいます。

愛犬を失ったことはつらく悲しいことであり、それによって苦しいのは当然のことであると認めましょう。

そして愛犬のことをよく知る人や家族と愛犬の思い出をたくさん話したり、思い出の写真をたくさん見て、思いっきり涙を流しましょう。

悲しみを悲しみとして受け入れ、愛犬のことに時間のある限り思いをはせるのです。

そうしているうちに、ふいに笑顔になれる瞬間があり、少しずつその時間が増えていくはず。

愛犬の死を受け入れられない人へ

愛犬の死を受け入れられずに苦しんでいる人は、世界中に数多くいます。

その悲しみや苦しみを理解してくれる人は必ずいます。

日本ではまだあまり広く浸透していませんが、海外にはペットロスに関する相談窓口が多数設けられているほど一般的なものとなっているのです。

日本でも愛犬への思いを存分に話すことができるサイトなどが徐々に増えてきているようです。

愛犬の死を受け入れられないのであれば、無理に受け入れようとする必要はありません。

大切な存在をなくしたのですから、時間をかけて愛犬への気持ちを開放し、少しずつ少しずつ受け入れていけばいいのです。

大切なのは気持ちを無理に抑えつけないこと。

その悲しみは愛犬への愛情として認め、一歩ずつ前に進んでいきましょう。