誠子(尼神インター)【撮影:小宮山あきの】

写真拡大

 尼神インター誠子が、7日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。父親から言われた衝撃の一言を明かした。

 2歳年下の双子の妹は「美人でギャル」という誠子。誠子はそんな妹たちから学生時代喋ってもらえず、さらには陰で「シュレック」と呼ばれていたという。しかも親までも妹のほうを割と可愛がっていた中、父親だけが唯一やさしくしてくれていたのだとか。

 そんな誠子は一人暮らしを始めたとき、父親から食事に誘われたという。そこで父は、「女の子の一人暮らしは危ないから夜道とか気ぃつけや」と心配してくれたそう。誠子は「お父さん大丈夫やで。私そんなに可愛くもないから、男に襲われたりせえへんよ」と明るく振る舞ったという。

 ところがその直後、父が真剣な表情をして「アホ!男はブスでも襲うんや!」と一喝してきたという。誠子は、娘を思う父の気持ちとは裏腹に、「(お父さんは私のことを)実はブスと思ってたんや」と知られざる本音にショックを受けたと語っていた。