野崎幸助氏が残した「遺言状」を発見「全財産を故郷に寄付」

ざっくり言うと

  • 5月24日に急性覚醒剤中毒で死亡した、和歌山県田辺市の資産家・野崎幸助氏
  • 「遺言状」を残していたことが、週刊文春の取材で判明したという
  • 文面には、全財産を故郷の田辺市に寄付すると綴られていたとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング