関連:ウイスキーやブランド品の転売も…「新金儲け学」法を出し抜いて稼ぐ!?


 9月に行われる自民党総裁選。3選を狙う安倍晋三首相の最大のライバルは、石破茂元防衛相となる。その石破氏が、改めて安倍首相の脅威になっていることが、先日判明した。きっかけは今月、衆参両院から発表された「2017年分の国会議員の所得」だ。総所得ランキング上位には、父親の遺産を処分した自民党の逢沢一郎元外務副大臣の7億1193万円を筆頭に、自民党議員がズラリと並び、各党党首の中では、4091万円で小沢一郎・自由党共同代表が6年連続でトップとなっている。ただ、永田町で注目されているのは、総所得ではなく“雑所得”部分だという。

「雑所得は著書の印税やテレビ・ラジオの出演料、講演料などが対象。つまり、その議員がどれだけメディアに露出し、世間にアピールできているかという“人気のバロメーター”なんです。三選を目指す安倍総理はもちろん、総裁選出馬が予想される議員の雑所得は注目されて当然です」(全国紙政治部記者)

 次期総裁候補といえば、安倍首相、石破氏、岸田文雄政調会長、野田聖子総務相の4人が有力視されているが、岸田氏は先日、不出馬を表明した。「出馬する気満々だった野田さんも、仮想通貨をめぐり金融庁に圧力をかけたとする疑惑が持ち上がり、ミソをつけてしまったため、出馬するか微妙な情勢ですね」(自民党関係者)

 となると、安倍首相と石破氏の“一騎討ち”が濃厚となる。ただ、人気のバロメーターこと雑所得で見ると、石破氏は安倍首相を大きくリードしている。「石破さんの雑所得は、なんと930万円。エリートサラリーマンの年収分を稼ぎ出しています。この金額は前年比6割増。次いで多かったのが野田さんで452万円。以下、安倍総理は73万円、岸田さんは72万円でした」(前同)

 安倍首相は、雑収入で石破氏に10倍以上のスコアをつけられているのだ。「一時、“テレビに映った石破さんの姿に猫が興奮する”とネットで話題になったのも、彼がそれだけメディアに露出しているため。イメージ戦略が成功している証拠です」(前同)

 テレビやラジオ、出版物で、反安倍路線を高らかに宣言する石破氏。これが総裁選へのアピールにつながるし、懐もホクホク。「雑所得の中には地方での講演料も含まれています。“地方票に強い石破”は、9月の総裁選でも炸裂するのではないか」(同)

 こうしたことも手伝って、議員票では圧倒的有利とされる安倍首相周辺は、石破氏への警戒の色を強めているようだ。「水面下では、反安倍カラーが強い大阪にテコ入れを図るなど必死です」(同)

 雑所得で荒稼ぎした石破氏が、安倍首相を本気にさせたようだ。9月まで、自民党内の血で血を洗う抗争が見られるか?