九州の法科大学院が危機的状況、2校に 法曹界を目指す人材の流出に懸念マイナビニュース

九州の法科大学院が危機的状況、2校に 法曹界を目指す人材の流出に懸念

ざっくり言うと

  • 司法制度改革の目玉として、2004年に6校が立ち上がった九州の法科大学院
  • 久留米大、鹿児島大、熊本大に続き、西南学院大が6月に撤退を発表した
  • 法曹界を目指す人材の流出が懸念され、残る2校は生き残りを模索する

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング