松本人志がオリンピック・パラリンピックの開閉会式の演出プランを明かす

写真拡大

独自の視点で時事問題や芸能ニュースを取り上げるバラエティー番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)。8月5日の放送では、東京オリンピック・パラリンピックの開閉会式に関する“人事発表”について取り上げた。

【写真を見る】松本人志、野村萬斎の演出に「ちょうどいいなと」

開閉会式を統括するトップである演出責任者に狂言師の野村萬斎、オリンピックの責任者に映画監督の山崎貴、パラリンピックの責任者をCMクリエーターの佐々木宏がそれぞれ担当、他にシンガーソングライターの椎名林檎、ホイダンスでおなじみの演出振付師のMIKIKO、映画「君の名は」(2016年)などのプロデューサー・川村元気らも演出に加わる。

萬斎は「復興五輪の名に恥じないようなシンプルかつ和の精神に富んだオリンピック・パラリンピックになるよう全力を尽くしたい」とコメントしていた。

これを受け、芸能リポーターの長谷川まさ子は「期待萬斎、アイデア萬斎とか言われてるんですけれども、演出が決まると次に注目されるのが出演者になるんですよ。

今、期待がかかっているのが、テーマが鎮魂と再生ということで、東日本大震災の被災地宮城出身で、萬斎さんが主役を演じた『陰陽師』を楽曲で使った羽生結弦選手がでてきたらいいんじゃないかと結構盛り上がっています」と解説した。

そんな中、松本人志は「開会式はどんどん派手になって来てるから、あえてここらでちょっと日本らしさを。だから僕は(萬斎で)ちょうどいいなと。聖火台もトーチより小っちゃくてもええんちゃうかな」と笑わせながら期待を込めた。

「開会式の演出ってやりたいですか? 怖くないですか?」と宮澤エマが疑問を呈すると、ヒロミは「俺はやらないね」と断言し、松本は「俺はやるかもしれんけど、絶対怒られるわ。怒られることしか考えつかない。今パッと浮かんだのが落とし穴とか…」と芸人の松本らしい回答だった。

次回の「ワイドナショー」は、8月12日(日)朝10時より放送予定。(ザテレビジョン)