台風13号 来週、関東〜東北へ接近の可能性高まる

2018/08/05 11:30 ウェザーニュース

5日(日)9時現在、台風13号(サンサン)は、小笠原近海を発達しながら北上を続けています。

▼台風13号 5日(日) 9時現在 存在地域   小笠原近海 大きさ階級  // 強さ階級   強い 移動     北北西 15 km/h 中心気圧   970 hPa 最大風速   35 m/s (中心付近) 最大瞬間風速 50 m/s台風はこのまま北上を続け、来週は本州へ接近する可能性があります。ただ、進路にはまだ幅があるため、随時最新の情報を入手するようにしてください。

以前よりも東日本方面へ予想揃う

最新の複数コンピューターシミュレーションモデルの計算結果を見ると、昨日以前の情報と比較して、東日本へ向かう予想で揃ってきています。西日本へ進むモデルは限定的になり、日本の東海上を通過するモデルも減っているためより陸地へ向かう傾向が強まり、関東〜東北へ接近の可能性が高まっています。予想は時間が近づくほど正確になりますので、今後もできるだけ最新情報を確認するようにしてください。

台風の名前「サンサン」

サンサン(Shanshan)は、香港が提案した名称で、少女の名前が由来です。台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。