栃木県の女児殺害事件に判決 裁判長が自白の信用性判断の材料に疑問

ざっくり言うと

  • 栃木県の女児殺害事件において、3日に被告へ無期懲役の判決が言い渡された
  • 裁判長は自白の信用性を判断するための材料に疑問を呈し、1審を破棄した
  • その上で、被告を「犯人だと認められる」として改めて無期懲役を言い渡した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング