トヨタ、日本橋にモビリティサービスを体感できる「TOYOTA MOBILITY SHOWROOM」

写真拡大

 トヨタ自動車は、法人を主な対象としたモビリティサービスの体感・発信拠点を東京・日本橋にオープンした。

 トヨタ自動車は、トヨタフリートリースおよびトヨタレンタリース東京を2018年4月に統合し、トヨタモビリティサービスを設立。グループ各社と連携し、コネクティッド社会に対応したモビリティサービスを開発・提供することを目指している。

 トヨタ自動車とトヨタモビリティサービスは8月1日、法人を主な対象としたモビリティサービスの体感・発信拠点「TOYOTA MOBILITY SHOWROOM」をトヨタモビリティサービスの1階(東京都中央区日本橋)にオープンした。

 モビリティサービスとは、クルマや移動にかかわるサービスの総称。自動車を取り巻く環境が大きく変化している現在、従来の「所有」に加え、カーシェアリングをはじめとする「利活用」のニーズが高まっている。レンタカーやレンタリースの法人需要は今後も増加が見込まれ、同時に「利活用」をサポートするモビリティサービスが重要になっている。

 「TOYOTA MOBILITY SHOWROOM」は、デモ体験やコンテンツの説明を通じてサービスについての理解を促進し、アンケートへの協力を通じて得た意見をサービス開発・提供に生かしていく。

MONEYzine編集部[著]

【関連記事】
Toyota AI Ventures、ロボティクスベンチャー向けファンドプログラム「Call for Innovation」
楽天市場でトヨタのカタログ請求が可能に、ECがクルマ購入の新たな接点に
メルセデス・ベンツが定額利用サービス開始、アウディ、ポルシェらも参入し高級車ビジネスに変化