ラオス・アッタプー県サナームサイ郡の村で、洪水の水に漬かった牛の死骸をひもで引く男性(2018年7月26日撮影)。(c)AAFP PHOTO / NHAC NGUYENAFPBB News

ダム決壊は人災と規定し特別な補償をすべき 韓国企業に向けたラオスの立場

ざっくり言うと

  • ラオスで7月23日、施工中だったダムが決壊して死者13人を出す事故が発生
  • 政府は事故を人災とし、被害者のための特別補償が必要だとの立場を示した
  • 一方で、施工を担当した韓国企業は事故を豪雨による「天災地変」とみている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング