ゴミ袋への名前記入は絶対?

写真拡大

 ゴミの分別は、市民生活を送る上で必ず守るべきルールだが、面倒に感じる気持ちは分からなくもない。ルール違反を防ぐ手段の1つが、ゴミ袋への名前記入だ。それにプライバシー面での問題はないのか? 弁護士の竹下正己氏が回答する。

【相談】
 福岡県のある自治体のゴミ出しの対応に驚いています。ゴミを集積所に出す場合、ゴミ袋に名前を記入しなければいけないとか。自治体は「お願い」としていますが、プライバシーの問題もあり、やりすぎだと思います。分別が徹底されていないという理由も理解できますが、このやり方は法に抵触しませんか。

【回答】
 家庭の生活ゴミは一般廃棄物で、市町村は区域内におけるゴミの収集や処理を行なわなければなりません。今回の件は、この義務の履行にあって、住民側に氏名開示を要求できるかという問題です。

 自治体が挙げる事情は、もっともです。他方、個人の名前はゴミ袋の出し主を特定する個人情報です。行政サービスを受ける際に、住民が名前を書くのは普通ですが、この場合は名前が行政以外に知られてしまう恐れがあることが問題です。行政は取得した個人情報を厳格に保護する義務がありますが、収集前はまだ取得していないので、その義務はなく、それまでは住民の個人情報が保護にない状態です。

 戸別収集方式の場合は表札と同じですから、不安もないでしょうが、開放型の集積所方式で、さらにゴミ袋が透明だと中身がわかってしまい、プライバシーが損なわれる心配も当然です。また、住民の不安の程度は収集方式等によって違ってきます。

 誰もが不安を感じるような収集体制の下で、名前を書かないゴミ袋を回収しないとすれば、ゴミ収集という自治体の責任から疑問を感じます。しかし、当該自治体は「お願い」というのですから、回収を拒否するのではない上、プライバシーは万全の権利ではありません。プライバシーとして保護しなければならない個人の利益と、ゴミ出しの状態を調査する必要性や社会的意義を比較衡量し、どちらが上回っているかで判断されることになります。

 よって、自治体の実態により、ゴミ分別などのルールが地域社会に定着するまでは、名前明記もやむを得ない場合もあると思います。

 住民は市町村のゴミ収集の清掃事業に対する協力義務がありますので、自治体からゴミ袋に名前を書くことを「お願い」される程度は受忍限度内でしょう。

【弁護士プロフィール】竹下正己(たけした・まさみ):1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。

※週刊ポスト2018年8月10日号