昼間に太陽が3時間「消滅」して夜に シベリアで怪奇現象が発生

ざっくり言うと

  • 現地時間20日のシベリアの北東部で、太陽が「消滅」する怪奇現象が発生した
  • 午前11時ごろ〜午後2時ごろまでのおよそ3時間にわたって、夜のようになった
  • 太陽が戻ると辺りは分厚いチリに覆われていたが、原因についての発表はない

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング