ポスターにインクをかけたら…?

写真拡大

 中国の上海で今月初め、「習近平の独裁には反対です」などと叫び、街頭の習氏の肖像画入りポスターに黒インクをかけた様子を中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」に生配信した上海在住の女性が突然姿を消した。警察に逮捕されたとみられていたが、故郷の湖南省の精神科病院に強制的に入院させられていたことが明らかになった。

 これについて、ネット上では「本当の患者は入院させずにほったらかしだが、当局に都合が悪い健常者は逆に精神科病院に強制入院というのが、中国の実態だ」との書き込みがみられる。米政府系報道機関「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」が報じた。

 この女性は会社員の董瑶ケイ(王へんに京)さん(29歳)。董さんが習近平国家主席の肖像画に黒インクをかけた動画は微博上でシェアされ、瞬く間にネット上で拡散した。

 その後、董さんは微博上で、「自宅のドアの外に制服姿の警官数人がいます」などと報告したあと、音信を断った。それとほぼ同時に、董さんのウェイボ自体が削除され、董さんの電話番号も不通状態になったという。

 ネット上では「中国は人民のもの。共産党のものではない!」「共産党の暴政は許せない。習近平よ、董さんを解放せよ。言論の自由は犯罪ではない」などとの書き込みが相次いだ。その後、「インクをかけるのは董さん1人ではない。団結をみせる」などの声が寄せられ、中国各地で習氏のポスターに墨汁やインクがかけられる行為が相次いだ。

 このため、中国共産党中央弁公庁は地方の党機関に対して、街頭や建物内にある習氏の肖像画入りのポスターや掲示板、宣伝塔、彫像などを撤去する指示を出した。

 その後、2週間以上経っても董さんの消息は不明のままだったが、VOAによると、董さんは上海の警察に逮捕され拘留されていたが、同じく上海市内で働く董さんの弟に警察から連絡が入ったという。弟は上海市政府当局者から「お姉さんを精神鑑定にしたが、精神を病んでいるとの診断結果が出た」と告げられ、故郷の湖南省の精神科病院に入院する手続きがとられていた。

 このため、弟は警官らと一緒に入院先の精神科病院に行き、董さんの入院に立ち会った。この病院での精神鑑定でも、董さんは精神を病んでいるという診断結果が下されたという。

 VOAの記者はこれらの事実を突き止め、湖南省の董さんの実家を訪ね、董さんの母親に取材したところ、「娘が精神を病んでいるはずがない」などと頑強に否定したという。

 これに対しては「中国では、中国共産党を信じる人間以外は、病気扱いされるのか… 」「消息が分かって良かったけれど、病院で何をされるかわかりませんね。それが恐ろしい。本当の病人が入れなくなるって、本末転倒です」「収容所国家だね。可哀想に」「日本でいう禁固刑でしょうか…。恐ろしい目にはあいませんように祈ります」などとの指摘がみられる。