7月中旬にオープンした「MENSHO SAN FRANCISCO」の看板メニュー「A5黒毛和牛醤油らぁめん」(税込み1950円)。枕崎産のかつおぶしと牛骨の出しに、追いがつおで仕上げたスープや、話題のスーパーフード、キヌアを使用した平打ちの手もみ麺など、トッピング以外にもこだわる(記者撮影)

7月中旬、東京・新宿駅直結のファッションビル「新宿ミロード」のレストランフロアがリニューアルオープンした。2007年以来の大型リニューアルで、日本初上陸となる飲食店も軒を連ねる。そんな中で、ひときわ目立つ店舗がある。店名は「MENSHO SAN FRANCISCO」(メンショー サンフランシスコ)。アメリカから逆輸入されたラーメン店だ。

同店は2年連続でミシュランUSAに選ばれているサンフランシスコの人気店。看板商品の「A5黒毛和牛醤油らぁめん」は、サッカーの元イングランド代表のデイビッド・ベッカム氏も絶賛したラーメンだ。価格は1950円(税込み)と、ラーメンとしては非常に高価だが、7時間半かけて低温調理されたA5ランクの黒毛和牛のスライスがどんぶりを覆い尽くすように乗せられている。

あらゆるコンセプトのラーメン店を開業

逆輸入店舗であるものの、経営するのは日本人だ。オーナーの庄野智治氏は2005年に東京・市ヶ谷に「麺や庄の」をオープン。以後、野菜つけ麺の「gotsubo」(新宿御苑)やラムと豚骨を使用したラーメンを提供する「MENSHO TOKYO」(後楽園)などコンセプトの異なるラーメン店を次々とオープンさせてきた。「ラーメンクリエイター」を名乗り、固定観念にとらわれないラーメンを世に出してきた。


東京・新宿にオープンした新店舗。おしゃれな店内には女性客の姿も目立つ(記者撮影)

そんな庄野氏が、満を持してアメリカへ進出したのが2016年2月のこと。サンフランシスコで、「MENSHO TOKYO SF店」をオープンした。「ラーメンを広めるには情報が拡散しやすいエリアだと考えた」(庄野氏)ことから、シリコンバレーに近いサンフランシスコを選んだという。

日本から米国に進出している飲食店は少なくない。ただ、現地でのパートナー選びに失敗し、品質を落としたり、十分な収益を確保できなかったりする店があるのも事実。ラーメン店でもそれは例外ではない。そんな中、庄野氏が率いる麺庄グループ(日本8店とアメリカ1店)では年商5億円超のうち、2億円をサンフランシスコの1店舗で稼ぎ出す。庄野氏のラーメン店はなぜ現地の人々に受け入れられたのか。


新宿ミロードの店で人気の「抹茶鶏白湯らぁめん」(税込み980円)。抹茶のほか、クロレラやケールを使用して味のバランスを整えている(記者撮影)

理由の1つは、ほかのラーメン店にはない独自色を打ち出したことだ。庄野氏がラーメンのメニューを考案するのは新たに店を開業するときだけではない。定番メニュー以外にも、創作麺を限定メニューとして数多く発表してきた。旬の食材などを使用した麺のほか、ユニークなものではバレンタイン時期限定の「チョコつけ麺」などを考案してきた。

「日本でこれまで創作してきたことで、アレンジ力が身についた。アメリカの人は創作性をとても評価してくれる」と庄野氏が話すように、アメリカでもこだわったのは、現地の食材を使用し、現地の人の嗜好に合ったラーメンを作り上げることだ。日本ではトッピングでホウレンソウを添えるところを、ケールに置き換えるといった具合だ。

原価コントロールを徹底

アメリカの店には鶏白湯、しょうゆ、塩、ヴィーガン(動物系の材料不使用)などといったラーメンがあるが、6〜7割の客が注文するのは「鶏白湯らぁめん」。庄野氏は「アメリカの人は、しょうゆのような繊細な味よりも、クリーミーでパンチがあって本能的に喜べる味に引かれる傾向がある」と話す。

冒頭で紹介した「A5黒毛和牛醤油らぁめん」は、「日本の食材である和牛をアメリカでも食べてもらいたい」という思いから生まれたラーメンだ。39ドルと、10ドル台半ばのほかのラーメンと比べて高価ながら、30食限定でもすぐに売り切れる人気ぶりだ。

同商品の原価率は60〜80%と突出しているが、その他のラーメンの原価率をコントロールすることでトータルの原価率は35%程度を維持するなど、コスト管理も徹底している。

店舗数が増えたことで庄野氏が各店を頻繁に訪問することは難しくなったが、代わりに客がSNSに投稿した内容を細かくチェックするほか、グループ全店に設置したWebカメラで店内の様子を確認するようにしている。商品や接客に問題があれば、すぐに対処できる体制も整える。

タイやブラジルにも進出

今回、サンフランシスコの店を逆輸入として新宿にオープンさせたのは「逆輸入したラーメンが日本で話題になれば、海外でもその情報が広がる。アメリカでも日本でもお客様に本物のラーメンなんだと思ってもらえれば、文化として根付く」(庄野氏)ためだという。


麺庄グループを率いる庄野智治氏は1980年生まれ。高校生のときからラーメンを作り始めた。大学に進学するも、開業資金を貯めるため中退。25歳のときに、東京・市ヶ谷に「麺や庄の」を開業した(記者撮影)

基本的にはアメリカのレシピをそのまま持ってきているが、新宿ミロードのメインターゲットである若い女性客を意識して、若干アレンジしている。鶏白湯らぁめんは、高タンパクで低カロリーの豆乳クリームを使用することで、よりヘルシーな味わいに仕立てた。

日本では、これまでエッジの利いたコンセプトを路面店で展開するというのが中心だった。今後は、「需要があれば商業施設に出店し、幅広い層のお客様にご来店いただけたら」(庄野氏)と集客力のある商業施設も狙っていく構えだ。

海外では、サンフランシスコの2号店も計画している。これまで直営で展開してきたが、8月にはタイ・バンコク、9月にはブラジル・サンパウロにそれぞれフランチャイズ(FC)店を出店する予定だ。日本以外の地でも、庄野氏のラーメンは受け入れられるか。