中村医師の新天地となる、がん研究会(東京・江東区)にて。米国から帰国後も分刻みのスケジュールだ

写真拡大

中村医師の新天地となる、がん研究会(東京・江東区)にて。米国から帰国後も分刻みのスケジュールだ

 暑さ厳しい6月中旬、見るからに重そうな荷物を抱えた男性が、少し疲れた表情で成田空港の到着ロビーに現れた。「シカゴと暑さはそう変わらないけど、この湿度の高さは身体に堪(こた)えるね」と屈託のない笑顔を見せた。

 中村祐輔医師、65歳。シカゴ大学医学部教授と個別化医療センター副センター長を兼任し、世界の第一線で「ゲノム医療」を牽引してきたトップドクターだ。日本ではゲノムという言葉すら知られていなかった’80年代の黎明期に米国で研究に携わり、病気の解明や治療に役立つような数々の遺伝子マーカーを発見、ゲノム医療の道なき道を切り開いてきた。

 そんな中村医師のゲノム研究が今、がん治療に新たな光明を投じている。ついに、がんが治る時代が訪れたのだ。ノーベル賞にもっとも近い医師、「世界のナカムラ」は6年に及ぶシカゴでの生活を終え、凱旋帰国したのだった。

 そもそもゲノムとは、「ある生物を構成するすべての遺伝情報」のこと。「遺伝子検査」や「遺伝子治療」に用いられている基礎データだ。「生命の設計図」ともいえるヒトの全遺伝情報が’03年に解明され、これを活用したがんの診断や新薬の開発は、世界中で急ピッチに進んでいる。その領域で、中村医師はトップランナーとして走り続けてきた。

「長年、ゲノム研究を続けてきたのは日本の患者さんに笑顔が戻る医療を提供するため。帰国を決めたのも、さらに一歩それを進めることが目的です」

 そう語る中村医師は、今年7月1日付で「がん研究会」(江東区有明)に創設された「がん研究会プレシジョン医療研究センター」の所長に就任。これに先駆け、4月には内閣府戦略的イノベーション創造プログラムの「AIホスピタル」プロジェクトディレクターに指名を受けており、自宅、内閣府、有明の移動が日常という、シカゴ時代と変わらないフル稼働の生活だ。

「日本ではゲノム研究の重要性を議論した時に、『研究者の知的好奇心を満たすだけのもの』と誤った解釈が広がったために批判的な意見が上がり、世界から遅れを取ってしまった。そのツケが今、回ってきているのです。新しいタイプの免疫療法の捉え方も米国のように前向きではないため、治験の整備が遅れ、実施に漕(こ)ぎ着けられない。ここで挽回しないと日本は完全に取り残されてしまいます」

 そもそも6年前に拠点を日本からシカゴに移したのも、こうした現状に業を煮やし、日本の患者のために一刻も早く新薬を届けたいという思いからだった。

 ところが、いざ海外で治験が始まってみると、その研究者(中村医師)が日本人であっても、治療対象となるのは実施国の患者のみと限られたこともある。日本から現地に赴いても治験に参加できないという壁が立ちはだかり、悲嘆に暮れる患者家族と何度もやるせない思いをしてきた。

「それなら、個別化医療の推進を始めた日本の新しい環境で、10年、20年先を見据えた戦略や環境整備も視野に入れ、標準治療を終えて次の治療の選択肢がない患者さんのために、新薬の研究を続けたいと考えました」

 およそ40年間の永きにわたってゲノム研究に没頭し、世界のトップとして活躍してきた中村医師。そのゴールが、ついに見えてきた。

「今はゲノム解析を利用すると、1ヵ月程度でがんワクチンを作れる技術が確立しています。患者さんはそれを注射で受けるだけでいい。投与したワクチンによって、体内でがんを攻撃するリンパ球の数が増えるだけでなく、そのリンパ球自体も元気になり、身体の免疫も引き上げられる。」

 日本ではいくつかの施設が研究段階にあるが、中村医師は「治療の選択肢が無くなってしまった患者さんができるだけ参加できるように、少なくとも今年度中には民間病院主導の治験を始めたい」と準備を急いでいる。

 これまでのがん治療は、「○○がんに対して有効なのはこのクスリ」というふうに、臓器ごとに対策や治療が施されてきた。しかし、今後はがんの部位は関係なく患者の遺伝子ごとのがんワクチンが作られることになるだろう。注射1本で治療すればいいという時代が目前にやってきたのだ。

中村医師が長年の研究から考案した、画期的ながん治療法の詳細は7月27日発売のFRIDAY8月10日号に掲載されている。また、この治療法によってがんが消滅するスクープ映像をFRIDAYデジタルで公開している。

取材・文 青木直美

PHOTO:濱粼慎治

詳細の書かれた本誌記事はコチラ

ノーベル賞に最も近い医師 中村祐輔 人類ががんを克服するときがやってきた

【ドキュメント】注射一本でがん消滅 手術なし、抗がん剤も使わない最新研究(動画配信中)