10代少女のHIV感染は3分に1人のペース 国連が発表し警鐘を鳴らす

ざっくり言うと

  • 国連が25日、約3分に1人の割合で15〜19歳の少女がHIVに感染していると発表
  • ユニセフの事務局長は、事態は危機的状況にあると警鐘を鳴らした
  • 多くの国で女性は安全でない性行為にノーと言う権利さえないと指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング