毎日会社で顔を合わせる相手に、恋心が芽生えたことはありませんか? また取引先の人を「素敵だな」と思うこともあるでしょう。しかし仕事上で付き合いがあると、仮に振られてしまったときも関係が切れないため、ストレートにアタックできない女性が多いはず。そこで、職場や取引先で気になる男性にうまくアプローチする方法を、anan総研メンバー200名に調査してみました。実際に使って効果のあったテクニックを見ていきましょう。

文・椎名恵麻

【アンアン総研リサーチ】vol. 166

職場で気になるカレにアプローチする方法

そのまなざしが……ずるい

1:相談をきっかけに距離を縮める

「『こんなこと××さん以外には話せないです』と言う」(24歳・事務職)「仕事の相談で電話をして、そのまま彼の好きな食べ物など全然違う話に持ち込み、美味しいお店を調べ、一緒に行きましょうって誘う」(32歳・その他)

いきなり食事に誘うのはハードル高めですが、仕事の相談なら連絡を取りやすいはず。頼られることに喜びを感じる男性は多いため、相談をきっかけにカレとの距離を縮めてみましょう。さらに「××さんだから……」「××さんだけ……」といった特別感の出るフレーズを使い、相手に好意を伝えれば、「もしかして俺のこと……?」と意識させることができそうです。

2:プライベートを想像させる

「職場では見えない自分のプライベートを出す。例えば、職場で真面目に事務をこなしているとしたら『今日、筋肉痛がひどいんです。最近ボクシングを始めて』みたいな感じでギャップを出すと、相手が勝手に妄想してくれます。(笑)」(20歳・学生)

普段、仕事モードの自分しか見せていない人は、少しプライベートな部分を見せるといいかもしれませんよ。食堂や休憩室、エレベーターで会ったときなど、会話の中でさりげなく素の自分を見せるのです。意外な一面を出すことで、カレの興味を引くことができるでしょう。また「会社の近くにできたパン屋さん行きました? 私パン作りが趣味だから気になってるんです」なんて、質問をプラスすると会話を広げられそうです。

3:飲み会はギャップ作戦

「飲み会では、仕事中とは全く違う態度を取るようにしています。いつもは全然話さないけれど、飲み会では相手をいじり倒す。すると中学生の恋愛のように、じゃれ合って恋に落ちるシチュエーションを作ることができます。『ほんとに何なのー』なんて言いながら、笑顔でちょっとボディタッチすると落としやすいです」(31歳・事務職)

飲み会は、絶好のアピールチャンス! 露骨な好きアピールではなく、職場とは違う姿を見せてキュンとさせちゃいましょう。仕事ではクールなのに、飲み会ではニコニコと笑顔を絶やさない、ほろ酔いになるなどのギャップは効果的。また行動だけでなく、髪型や服装でも印象が変わります。たとえば、普段は髪を結んでいる人が、髪をおろす。制服で仕事をしている人ならば、ワンピースなど女性らしい私服姿を見せることで、カレを惹きつけることができそうです。

仕事だけの関係にサヨナラ!

仕事関係の男性を好きになっても、待っているだけでは、恋愛関係にはなかなか発展しないもの。仕事以外でコミュニケーションを取る機会を増やしたり、仕事中とは違う一面を見せたりと、あなたのことを「もっと知りたい!」とカレに思わせることが重要になるでしょう。自分からきっかけを作って、ただの仕事仲間ではなく異性として意識させたいですね。

※ 2016年8月31日作成

(C) iraua / Shutterstock