相模原殺傷事件の被告に謝罪なし 「人ではないから殺人でない」

ざっくり言うと

  • 相模原殺傷事件の被告は、勾留先で産経新聞の接見取材に応じた
  • 「殺したことは認めるが、彼らは人ではないので殺人ではない」と訴えた
  • 5回の接見で、被害者らへの謝罪や犯行を後悔するような言葉は一切なかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング