芥川賞作家・中村文則氏のデビュー作を
実写映画化 (C)吉本興業

写真拡大

 芥川賞作家・中村文則氏のデビュー作を、村上虹郎の主演で実写映画化する「銃」の特報が、このほど公開された。美しくも危ういモノクロームの映像によって、人の欲望、本能、闇に迫る物語の一端が映し出されている。

 「百円の恋」「嘘八百」の武正晴監督がメガホンをとり、奥山和由プロデューサーが企画・製作を務めた本作は、中村氏が「偏愛している」という同名小説を映画化したもの。友人たちと青春を謳歌する大学生・西川トオル(村上)は、その心の内に河原で偶然拾った銃への高揚を秘めていた。銃を持ち歩いてみると、緊張とスリルは増幅し、満ち足りた感覚に酔いしれる。同じ大学に通うヨシカワユウコ(広瀬アリス)にも興味はあるが、日を追うごとに、圧倒的な存在感を放つ銃に魅了されていくトオル。やがて、刑事(リリー・フランキー)の突然の訪問を契機に、精神的に追い込まれてしまったトオルは、ある決断を下す。

 特報映像は、激しく降りしきる雨のなか、トオルが銃を拾う光景から始まる。「人を殺すとね、普通の理性ではいられなくなるそうですよ」と刑事から言葉を投げかけられるトオルだが、その胸の内には「死んでもいいような人間が世界にあふれている」という考えがあった。また、徐々に銃の魅力に心奪われていくトオルの姿を象徴するような「人間の理性が崩壊する」という衝撃的なコピーも挿入されている。

 また特報映像の公開にあわせて、新たな場面写真もお披露目。劇中での新垣里沙、後藤淳平(ジャルジャル)らの姿が確認できる。「銃」には、中村有志、日向丈、片山萌美、寺十吾、サヘル・ローズ、山中秀樹も出演。11月17日から東京・テアトル新宿ほか全国公開。