山崎弘也と小島瑠璃子

写真拡大

7月20日放送の『モノシリーのとっておき』(フジテレビ系、毎週金曜19:00〜)は、「信じられない超常現象スペシャル!」と題し、未確認飛行物体=UFOや、これまで見たことがないナゾの巨大生物、そして恐ろしすぎる心霊現象など、世界中で目撃・記録されている超常現象映像を大公開する。

その道のプロ中のプロである日本を代表する達人=モノシリーさんがスタジオに登場し、とっておきの話を映像、写真を使って熱弁。司会の古舘伊知郎が徹底的に迫る同番組。

スタジオではゲストの井戸田潤(スピードワゴン)が、自らの信じられない体験を告白。「ロケでホテルに行って、ハンバーグ師匠のネタをやったんです。『ハンバーグ!』って言ったら、照明がピカピカってなったんです。もう一回『ハンバーグ!』って言ったら、またピカピカって」と回顧する。ほかの出演者が大声を出しても照明には何の変化はなく、井戸田がもう一度「ハンバーグ!」と叫ぶと、照明が再び点滅したという。実際の映像を見てみると、そこに映っていたのは……。

井戸田の告白に、スタジオのモノシリーさん=超常現象研究家の秋山眞人さんは、「サイキックの資質があるのかもしれません」と発言。「実は潜在的に(能力が)あったんだけど、大人になる過程で抑圧していた。それが何かのきっかけで頑張ったときにボンとでちゃうことあるんですよ」と語る。モノシリーさんからサイキックの資質があると言われた井戸田は、過去にスプーン曲げを成功させていたことも明かす。

ゲストの小島瑠璃子は収録後、恐怖の心霊体験をしていたことを告白。仕事で毎週大阪に行くという小島は、テレビ局が用意したホテルにいつも泊まっていたというが、「どうしても寝られなくて。私は枕が変わると寝られないというタイプじゃないんですよ。旅行でどこに行っても寝られるし、新幹線でも爆睡できる。ロケバスでもすぐ寝るし。でもそのホテルだけ寝られなくて」と明かす。そしてある晩、「決定的な事があって……。夢を見たんです。そのホテルの同じ部屋で男の人に首を絞められている夢を見て、うぁって飛び起きたんですよ」と恐怖の心霊体験を告白。そのホテルに泊まるたび同じ夢を見るようになってしまったことから、ホテルを変えてもらったところ、その夢を見ることはなくなったという。

さらに番組では、水面をゆらゆらと泳ぐ見たこともない巨大生物やビッグフット、そして空を飛ぶドラゴン、さらには“呼吸する木”など不思議な自然現象まで衝撃映像を大公開。何もしていないのに突然モノが勝手に動く恐怖の現象も続々。古舘も「これはびっくりですね!」とうなった信じられない超常現象の数々に注目だ。