川栄李奈

写真拡大

 多くのファン、芸能記者の予想を裏切り(?)、今やAKB48の“勝ち組筆頭”に躍り出たのは川栄李奈(23)である。2018年のCM女王の座といった声も聞こえる彼女だが、その陰には他の“隠れた勝ち組”“隠れた負け組”がいるという。

 ***

 まず“隠れた勝ち組”について明かすのは、さる芸能ライターである。

「一部で、具体的には10代〜30代の男性層の間で、最近認知度が急上昇しているのが永尾まりや(24)です。というのも、ここ1年で10誌以上の男性誌グラビアに登場していて、今年に入ってからでも『別冊ヤングチャンピオン』『週刊プレイボーイ』、『FRIDAY』などの表紙を飾った。グラドルとして、決してスタイルが優れているというわけではないんですけれど、あまり笑わないでポーズを取る“ヤンキー感”が人気の理由のようです」

川栄李奈

「誰?」とコメントしたくなるのも無理はない。09年よりAKB48のメンバーとして活動していた永尾だが、13年の総選挙で35位を獲ったのが最高記録で、以降は65位、69位、そして16年に卒業。歌って踊るアイドルとしては、パッとしなかった。

「それがグラビアアイドルでは大成功といってもいい。7月14日には、所沢・西武園ゆうえんちのプールガールにも選ばれた。AKBを卒業すると“水着NG”を出すメンバーが多い中、永尾はむしろ積極的にグラビア仕事をこなしています。ギャラは安いでしょうし、昔のファンからは“グラドルをやりたくてAKB辞めたの?”なんて言われていますけれど、それで業界から消えるくらいなら、ということなのでしょうか……」

9年続いたレギュラーが終了

 対する“隠れた負け組”としてテレビ局関係者が名を挙げるのは、大島麻衣(30)。こちらは“ああいたなあ”と思うムキも多いのでは。

「“隠れた”っていう言い方もおかしいですけれど、大島に関しては一時はバラエティでよく使われ、『アッコにおまかせ!』(TBS)でコーナーを持ったり、競馬番組のレギュラーがあったりしたんです。AKBが本格的なブレイクを果たす前に09年に卒業し、“辞め時を間違えた”なんて言われつつも、当初はがんばっていた。それが徐々に露出が減り、9年近く続いていたバナナマンとのMCバラエティシリーズも今年3月に終わってしまった」

 所属するホリプロの「レギュラー番組」欄にあるのは、「ガッテン!」(NHK)の準レギュラーと「大島バッティングセンター3」(スカパーエンタ371)のみ。後者は一応の冠番組だが、放送は月1回の模様である。

「そう、事務所の力は決して弱くなく、卒業前後はプッシュされたんです。ところが歌えない、MCできない、トークできないの三重苦で、今や後輩の足立梨花(25)や小島瑠璃子(24)に立場が取って変わられてしまった。“30歳のうちに”と、9月に写真集を出すみたいですけれど、これもクラウドファンディングの企画です。グラビア仕事をやっていた頃はそれなりに人気ありましたけれど、今はもう……」

 もっともAKBには、現役時代に人気が奮わず、卒業して人知れず消えて行った多くの“アイドル”たちがいる。彼女たちにくらべれば、まだマシか――?

週刊新潮WEB取材班

2018年7月18日 掲載