井上元死刑囚がつづった獄中書簡300通 後悔、葛藤、苦悩を吐露

ざっくり言うと

  • 週刊新潮は2000年、オウム真理教・井上嘉浩元死刑囚について報じていた
  • 家族に宛てた獄中書簡は300通近くにのぼり、葛藤や苦悩が記されていたそう
  • 「言葉にならない後悔と悲しみが浮かんできます」などと綴られていたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング