出典: https://www.shutterstock.com/

男性と女性ではLINEに対する考え方も違うので、あまりに頻度が多いと面倒に思われることもあるでしょう。

程よい頻度で連絡を取り合うことができたら、窮屈さを感じることもないので、男性も嫌な気持ちはしないはずです。

そこで今回は、男性がちょうどいいと感じる“LINEの頻度”を紹介します。

 

■基本的には「用事」があるときに送る

男性は女性とは違い、LINEをコミュニケーションツールというよりも連絡ツールとして捉えています。なので、特にこれといった用事もないのに無駄にLINEが送られてくると、返信をするのも面倒に感じるものです。

逆に、基本的には“用事”があるときにLINEを送るということを心がければ、嫌悪感を抱かれるようなことはないはず。ただ、常に用件を伝えるだけではちょっと寂しくもあるので、そのあとで少し雑談をするのはアリでしょうね。

 

■「付き合っている期間」で変える

ちょうどいいと感じるLINEの頻度は、ふたりの距離感によっても変わってくるもの。付き合う直前や付き合いたての頃であれば、お互いに毎日にように頻繁に連絡を取り合いたいと感じることもあります。

でも、付き合って月日が経ってくれば、頻繁すぎる連絡は重荷になるし、束縛や干渉にも感じられてしまいます。付き合っている期間やふたりの距離感と連絡の回数や頻度のバランスを上手に保てると、いつまでも一緒にいられる関係性も築けるはずですよ。

 

■「義務」にはしない

“おはようのLINEは必ずする”とか“家に帰ったら毎日連絡する”などと、LINEを送り合うことを義務化したり、それが暗黙のルールになったりすると、次第に重荷になってきます。そのルールの数が増えれば、LINEの頻度としても多く感じるようになるでしょう。

恋人同士だとふたりだけの決まりごとのようなものができたりもするし、それが愛情を深めたりもするかもしれません。でも、連絡に関しては、特に男性は強制されることを何よりも嫌うので、愛情が深まるどころか気持ちが冷めていく結果になりかねませんよ。

 

■「終わらせること」も大事

毎日のLINEの頻度が多すぎるのはさすがによくないですが、実は大事なのはLINEの長さや内容であることが多いです。一回のLINEが長かったり、答えに困るようなどうでもいい内容のLINEが送られたりすると、男性は鬱陶しく感じるのです。

適度な長さで送り合う意味のあるLINEであれば、一日に何度か送られてきても、そこまで苦痛には感じないもの。いつ終わるのかがわからないようなダラダラとした会話はやめて、早めに切り上げるようにしてあげると、男性もあなたとのLINEに不満は抱かないことでしょう。

 

彼女からのLINEに鬱陶しさを感じるようになってくると、交際そのものが重く感じられるようにもなりかねません。LINEにおいても適度な距離感を保つようにできれば、居心地のいい関係性も築けることでしょう。

【画像】

※ Alissa Kumarova/shutterstock

【関連記事】

「結婚しよ!」“体だけの関係の彼”につい送ってしまったセンチメンタルLINE

ワンナイトラブならいいけど…「付き合うのはNG」な女子の特徴

アラサー男がぶっちゃけ。「彼女にこれで落ちました!」LINEエピソード

男が発している!さりげない「好き」のサイン

アラサー女がハマった「年下ヒモ彼氏」からのLINE