ANAHEIM, CA - MAY 11:  Shohei Ohtani #17 of the Los Angeles Angels of Anaheim leans on the cage during practice before the game against the Minnesota Twins at Angel Stadium on May 11, 2018 in Anaheim, California.  (Photo by Jayne Kamin-Oncea/Getty Images)

写真拡大

 ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、敵地でのロサンゼルス・ドジャース戦の9回に代打として出場。左中間を破る二塁打を放った。
 
 大谷はチームが2-3と1点リードされた9回表1死から敵地の大ブーイングの中、代打として出場。左腕のアレキサンダーを相手に左中間を破る二塁打を放った。今季この試合までに左腕相手には35打数5安打、打率.143と苦手にしていたものの、見事な当たりでチャンスを演出した。
 
 さらに続くブリセーニョが内野安打を放ち、1死一三塁とするも、フレッチャーが併殺打に倒れ同点ならず試合終了。ドジャースが3-2で勝利した。