パルコがストリートアート映画を特集

写真拡大

 渋谷から様々なエンタテインメントやカルチャーを発信し続けるパルコが企画するストリートアートムービーセレクション「SHIBUYA CINEMATIC GRAFFITI vol.1」のポスター画像と予告編が公開された。

 渋谷をカルチャーの発信の地ととらえるパルコが、名作や最新作、新旧の話題作を渋谷の劇場で上映する企画。音楽、アート、ファッション、ダンスなどすべてのカルチャーを楽しめる作品がセレクトされいる。

 「シネグラvol.1」では決して素顔を明かさない謎の覆面グラフィティアーティスト、バンクシーの初監督ドキュメンタリー「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」、バンクシーがパレスチナとイスラエルを分断する壁に描いた絵を迫う新作ドキュメンタリー「バンクシーを盗んだ男」、1982年のニューヨーク・サウスブロンクスのグラフィティアーティストを追い、ヒップホップカルチャーを世界に広めるきっかけにもなったドキュメンタリー「ワイルド・スタイル」、88年に27歳の若さで死去したジャン=ミシェル・バスキアが時代の寵児となる直前に撮影した唯一の主演映画「DOWNTOWN81」の4作品を取り上げる。

 「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」は、シネクイントで7月28日から1週間限定でレイトショー上映、「バンクシーを盗んだ男」は、8月4日からヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開、「ワイルド・スタイル」は、シネクイントで9月15日から1週間限定でレイトショー上映、「DOWNTOWN81」は9月22日からシネクイントで限定公開。