松本人志

写真拡大

 政界のみならず2世の多い芸能界。しかし、それらは俳優、ミュージシャンなどであり、なぜかお笑い芸人、お笑いタレントの2世は親と同じ道に進まない――果たして笑いの遺伝子は存在しないのか。

 ***

 ダウンタウンの浜田雅功(55)の息子、ハマ・オカモト(27)はミュージシャンとして成功している。明石家さんま(63)の娘でタレントのIMALU(28)、笑福亭鶴瓶(66)の息子で俳優・ミュージシャンの駿河太郎(40)、関根勤(64)の娘でタレントの関根麻里(33)、小堺一機(62)の息子でフリーアナの小堺翔太(31)、ますだおかだの岡田圭右(49)の娘でモデル・タレントの岡田結実(18)……いずれもお笑いの道には進んでいない。ビートたけし(71)の娘、石橋貴明(56)の娘、ヒロミ(53)の息子も言わずもがなである。

松本人志

 落語家だって、稽古で噺を受け継ぐ芸とはいえ、2世が多いわけではない。たしかに名人・5代目古今亭志ん生(1890〜1973)に10代目金原亭馬生(1928〜1982)、3代目古今亭志ん朝(1938〜2001)という息子たちがいた。人間国宝・5代目柳家小さん(1915〜2002)には息子の6代目小さん(70)と孫の花禄(46)。上方の人間国宝・3代目桂米朝(1925〜2015)の息子に5代目桂米團治(59)という例もあるにはあるが、多くの師匠と弟子は赤の他人だ。

 かと思えば、落語を家業とする海老名家では、爆笑王といわれた初代林家三平(1925〜1980)の息子たち9代目正蔵(55)、2代目三平(47)に爆笑の才は受け継がれなかった。もっとも、初代三平には古典ネタはほとんどなく、落語家というよりも、アドリブ重視のお笑いタレントといったほうがよかったのかもしれない。ことほど左様に笑いの遺伝子とは受け継がれにくいものらしい。

お笑いは絶対ムリ!

「かつてダウンタウンの松本人志(54)がラジオで笑いの遺伝子について語ったことがありました。役者さんや歌手とかは分かりませんけど、『お笑いは絶対にムリ』と言い切っていましたね」(芸能記者)

 松本と小学校からの同級生で放送作家の高須光聖(54)による、2004年に放送されたラジオ番組「放送室」(TOKYO FM)でのやりとりをダイジェストで再現する。

高須:例えば久本(雅美)さんとあんたが結婚して、顔はどうであれ生まれた子供は、そこそこ面白いでしょう。

松本:楽しい子にはなると思うんですよ、明るくて。それが面白いと捉える人もいるでしょうし、「あの子はお父さんもお母さんも芸人で、きっとあの子もコメディアンでやっていかれるわ」と言われるかもしれない。でも、玄人目から見たら、それほどでもない……(中略)。まず、幸せな温かい家庭では、ムリだね。屈折しているし、貧乏という意味での屈折やったり、家庭環境がややこしかったりの屈折とか、なんかこう平凡な温かい家庭環境からは、なかなか……すごい発想の奴は絶対生まれてけえへんからね(中略)。

高須:貧乏だけでもあかんと思う。貧乏やけれども、ちょっと温かい、ほどよい愛情が必要やと思う。

松本:そうやな……(中略)。「俺、おもろいねん。学校で人気者で」って言う奴がホンマにおもろいわけが絶対にないやんか。そんなおもろい奴は、そんなこと言うはずがないわけやし、言うこと自体がおもろないし、サムいと空気で感じるわけやから(中略)。だから芸能界入りたいとか、コメディアンなりたいとか、吉本入りたいという発想は、そういう奴にはないねん。だから、そういう奴は出てけえへん。でも、誰かがそういう奴を導く役割みたいな――俺の場合は浜田やけど――そういうのとうまく出会って、背中を押してくれる人がおったらいいんですよ。そういう、いろんな条件が重ならなけりゃ、あかんから……(中略)。入ってからも、どんな人と出会うかにもよるし、ホンマ難しい。俺にガキが生まれたって、芸能界が近くにあるからな。絶対にやらせへんけど。

芸人の父は厳しい

高須:でも、「やりたいんやー」ってアホみたいな顔して泣いて言うねんで。

松本:俺、もっとアホみたいな顔して泣いて、「やめてくれ」って言うもん。ムリやもん。絶対にムリ。お笑いに関して言うとムリ。ズェーったいにムリ! 幸せすぎるンやもん、子供の頃から。ただそんな上を目指さへんのやったらエエよ。地方局のレポーターとかでも納得すんのやったらええけど……(中略)。役者さんとか歌手とかはわからんよ。音楽とかは、親がミュージシャンなら英才教育、腹ん中入っている頃から聴いてたりするわけやろ。結局、音楽って情報量の多さみたいなところもあるやろ。一杯いろんな曲を聴いてたら、ある程度いいメロディラインて、生まれるやんか。お笑いはそういうことではないから……。

 という持論であった。自分のような環境でないとお笑いは生まれない、という意識が強すぎるきらいはあるものの、確かにダウンタウンの笑いを引き継ぐなら“屈折”は必要だろう。

 お笑いを見続けてきた、プロデューサーの澤田隆治氏(85)の分析はこうだ。

「そもそも親の面白さも生まれた時からではなかったりしますからな。芸人だってキャラが化けるんですよ。もちろん初めから面白い人もいますけど、大成するわけではありません。芸人となってからも上手く化けた人が大成するんです。タモリさん(72)だって、昔の芸風と今の芸風はまるで違うでしょう。鶴瓶ちゃんだって、苦労して苦労して面白くなった。誰がブレーンにつくかによっても違うでしょう。だから親が面白いからといって子供が面白いとは限らない。そして、面白いと認められている芸人に限って、家に帰ると厳格な父親だったりするもの。子供に父親像を語らせると、『恐い父だった』と言う芸人の子が、どれほど多いことか。笑いの環境にない家で育っているんです。もともとはミュージシャンですが、あの無責任男と呼ばれた植木等さん(1926〜2007)だって家ではキ真面目な父親でしたからね。子供もよほど壊れていないと父と同じ芸人に向かう気にもならないかもしれません。あ、コメディアンの東八郎(1936〜1988)の息子には東MAX(東貴博[48])がいますね。彼は父親とは異なるお坊ちゃん芸ですけど、息子に慕われるいい父親だったんでしょう」

 村上ショージ(63)には、ぬゅぬゅゅゆゅゅゅゅゅ(28・旧芸名・バターぬりえ)というお笑いピン芸人の娘がいる。はたして、いい父親だったのか、娘が壊れているのか……。

週刊新潮WEB取材班

2018年7月14日 掲載