『志乃ちゃんは自分の名前が言えない オフィシャルブック』(太田出版)

写真拡大

7月14日(土)より、映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』が公開されるのを記念し、キャストたちのスチール&インタビューや、原作者の押見修造完全描き下ろしのスピンオフ読み切りを収録した『志乃ちゃんは自分の名前が言えない オフィシャルブック』が刊行される。

〈高校1年生の志乃は上手く言葉を話せないことで周囲と馴染めずにいた。そんな時、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。音楽好きなのに音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。文化祭へ向けて猛練習が始まった。そこに、志乃をからかった同級生の男子・菊地が参加することになり……〉

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は、自分の名前が言えない女子高校生・大島志乃(おおしま・しの)の、とってももどかしくて、でもそれだけじゃない学校生活を描いた物語。映画では、第18回nicolaモデルオーディションのグランプリを受賞し、現在も雑誌「nicola」専属モデルとして活躍する南沙良が志乃を、さらに加代と菊池は、それぞれ蒔田彩珠と萩原利久が演じている。

オフィシャルブックは、押見修造が6年ぶりに描き下ろした“志乃ちゃん”カラーイラストが表紙になっているほか、18ページにわたる完全スピンオフ読み切り作品を収録。さらに、10代キャストたちの青春の息遣いが伝わる撮影スチールアルバム&手書きアンケ―トや監督インタビューなど、「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の世界を何倍も楽しめる情報が多数掲載されている。

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない オフィシャルブック』(太田出版)は、2018年7月14日(土)に発売。1300円+税。映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は同日より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。また7月13日には、映画「志乃ちゃんは名前が言えない」オリジナル・サウンドトラックも発売されている。