王を称えよ!
 - (C) ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

 野外で映画を楽しむ「夜空と交差する空の上映会」が、7月14日から16日までの3日間、静岡県の三島スカイウォークで開催される。上映作品は、『スタンド・バイ・ミー』『バーフバリ 王の凱旋』などが決定している。

 同イベントは、会場のシチュエーションをいかして、一夜限りの幻想を作り上げる野外映画フェス「夜空と交差する森の映画祭」のプレイベントとして開催。日本最長の400メートルある大吊橋・三島スカイウォークを渡った場所が会場となり、普段と異なるシチュエーションで映画を観賞することができる。また、イベント会場では、キッチンカーによる飲食物の販売も予定されている。

 上映は期間中、短編映画と長編映画が1本ずつ19時15分から上映される。14日は、短編映画『ヒロイン』と名作『スタンド・バイ・ミー』。15日は、12分のサスペンス映画『ガチャガチャ/GACHA GACHA』、日本でもロングランヒットしているインド映画『バーフバリ 王の凱旋』。16日は、俳優の津田寛治が出演している『追憶ダンス』、長編映画はワイヤー1本で空中綱渡りに挑戦した男の物語『ザ・ウォーク』と会場である大吊橋のロケーションにふさわしい作品がラインナップされている。(編集部・梅山富美子)

「夜空と交差する空の上映会」は静岡県の三島スカイウォークで開催(雨天決行、荒天中止)
チケット前売り映画鑑賞券は一般1,800円、高校生1,500円、中学生以下無料
※別途、三島スカイウォークへの施設入場料が必要