出典: https://www.shutterstock.com/

男性と女性ではLINEに対する考え方が違う場合が多いので、そこに気づかないままでいるのは危険です。

好きだからこそ送っていたLINEが、男性には重荷になっていることだってあり得ることなのです。そこで今回は、モテる女が実践する“LINEの鉄則”を紹介します。

 

■「どうでもいい日記」は送らない

女性がよくやりがちなのが、「今日は渋谷に買い物に行ったよ」とか「お昼はパスタを食べたよ」などといった、まるで日記のようなLINEを送ること。男性からすると、こういったLINEを送られても、ただただ返事に困ってしまうだけです。

好きな男性とはいつでもつながっていたいという気持ちはわかりますが、どう対処すればいいのかわからないような内容ばかりだと、男性はうんざりするはず。

何でもいいので無理やりにでも何か要件を作ってからLINEをするようにすると、男性もすんなりと会話ができることでしょう。

 

■「長文」では送らない

そもそもLINEは短文でメッセージを送り合うのに適したツールです。なので、長文でメッセージが送られてくると違和感がありますし、すごく重い感じがしてしまうので、返信をするのが面倒になってしまったりもするでしょう。

スマホの画面いっぱいを覆い尽くすような長文のメッセージは、それだけでかなりの圧迫感も与えるので、読む気になれなかったりもするもの。色々と伝えたいことがあるのかもしれませんが、短文でコンパクトに送るようにしないと、あなたからのLINEは男性には重荷や苦痛にしかなりませんよ。

 

■「連続送信」はしない

スマホを見たときに、いくつものメッセージが連続で送られてきていたら、男性はかなりゲンナリするはず。返信を催促されているような気分にもなるので、ちょっと恐怖すら感じる行為といえるかもしれません。

基本的には、相手からの返信がくるまでは、追加のメッセージは送らないほうがいいです。特に、「ねぇ」「忙しいの?」「おーい」「何してるの?」などと連続で送ったら、粘着質な印象も与えてしまうので、男性からは避けられるようになりかねませんよ。

 

■いつまでも「ダラダラと話さない」

男性はLINEでダラダラと長話をするのがあまり得意ではありません。そもそもコミュニケーションツールというよりも連絡ツールとして捉えているので、無駄にいつまでも会話をし続けようという認識はあまりないはず。

長い会話をしていけないわけではないですが、終わりが見えない感じになるのはNG。ちゃんと男性の都合も考えるべきですし、いいところで話を切り上げたほうが、“また話したい”という気持ちに男性もなるものですよ。

 

LINEでの会話が鬱陶しいと男性に思われてしまうと、もうその段階で恋愛対象からは外されてしまいます。好きだからといって、自分の思いばかりをぶつけるような送り方だけは、絶対にしてはいけませんよ。

【画像】

※ sergey causelove/shutterstock

【関連記事】

「結婚しよ!」“体だけの関係の彼”につい送ってしまったセンチメンタルLINE

ワンナイトラブならいいけど…「付き合うのはNG」な女子の特徴

アラサー男がぶっちゃけ。「彼女にこれで落ちました!」LINEエピソード

男が発している!さりげない「好き」のサイン

アラサー女がハマった「年下ヒモ彼氏」からのLINE