気象庁は13日、梅雨前線が停滞し、大雨特別警報の発表に至った7月5日から8日の大雨の気象要因について速報的に解析し、特徴とその要因について発表しました。

平成30年7月豪雨の特徴

気象庁によると、「平成30年7月豪雨」では、多くのアメダス観測点で48時間や72時間雨量の観測史上1位の記録を更新するなど、西日本から東海地方を中心に広い範囲で記録的な大雨となりました。また、平成30年7月上旬(1日〜10日)に全国のアメダス地点で観測された降水量は、統計上で比較可能な1982年以降の旬ごとの降水量と比べ最も大きな値となっており、今回の豪雨が過去の豪雨災害と比べて、極めて大きなものでした。

記録的大雨の気象要因

今回の広範囲で記録的な大雨をもたらした気象要因は、次の3つと考えられます。
多量の水蒸気の2つの流れ込みが西日本付近で合流し持続
梅雨前線の停滞・強化などによる持続的な上昇流の形成
局地的な線状降水帯の形成
特に、,鉢△主な要因であり、7月5日から7日には、西日本を中心に1958年以降の梅雨期(6・7月)としてこれまでにない量の水蒸気が集中していたことがわかりました。