臨戦態勢の凛々しい眼差しが光る (C)空知英秋/集英社
(C)2018 映画「銀魂2(仮)」製作委員会

写真拡大

 空知英秋氏の人気漫画を福田雄一の監督・脚本で実写映画化する「銀魂2 掟は破るためにこそある」の特別ビジュアルが、このほど披露された。近藤勲(中村勘九郎)率いる真選組のみならず、坂田銀時(小栗旬)ら万事屋3人衆も“真選組隊服”に身を包み、威風堂々と並ぶ姿をとらえている。

 宇宙からやってきた天人(あまんと)が台頭するパラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋を営む銀時をはじめ志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)らが騒動を繰り広げる様子をコミカルに描いた前作「銀魂」。続編となる今作は、原作で高い人気を誇る「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を融合し、万事屋のバイト生活や真選組の内紛を映し出す。

 ビジュアルは、物語の鍵を握る鬼の副長・土方十四郎(柳楽優弥)や、一番隊隊長・沖田総悟(吉沢亮)、騒動の発端となる影のある参謀・伊藤鴨太郎(三浦春馬)がズラリ。さらには真選組を含む警察組織のトップに君臨する松平片栗虎(堤真一)のほか、製作サイドから出演発表を忘れ去られていた戸塚純貴演じる山崎退の姿も確認できる。

 そして中央には、真選組隊服をまとった銀時&新八&神楽がどっしりと構える。普段のコミカルな表情とは打って変わり、臨戦態勢の凛々しい眼差しを光らせている。原作ファンから“最もアツい”と称される真選組動乱篇の映像化に、期待が高まる仕上がりだ。またYoutube(https://youtu.be/27wmk466Iog)では、予告編も公開されている。

 「銀魂2 掟は破るためにこそある」は、8月17日から全国で公開される。