ダムが危険な放流と連絡受けるも 避難指示まで2時間半かかった要因

ざっくり言うと

  • 西日本豪雨でダムを放流し、川が氾濫して5人が死亡した愛媛県西予市
  • 避難指示は、国交省の「危険な放流をする」との連絡から2時間半以上も後
  • 避難所の設置や消防団の声掛けの体制作りなどをしていたと、市長は説明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング