夏はどうしたって露出が増える季節。それに伴い、体型のコンプレックスが浮き彫りになりやすい季節であるともいえます。浴衣ならば体型をカバーすることもできますが、まさか毎日着るわけにはいきませんし……。身長や肌の色、骨格の悩みなどはダイエットをしたところでどうにもならないことも多く、悩みの種だと感じている人も多いのではないでしょうか。
「コンプレックスをカバーできれば、夏のオシャレがもっと楽しくなるのに!」このように思っている人にこそ、ぜひ読んでもらいたい内容になっています。

今夏のおしゃれを楽しむ着こなしのコツ

低身長×ロングアイテム

ロングパンツやロングスカート、ロングカーディガンなどのロングアイテムは今夏大流行中のトレンド服。多くのショップで売れ筋となっていることも多い、オシャレ女子には欠かせない今夏のマストアイテムです。ただ、身長が小さい人には取り入れにくい“一癖アイテム”でもあります。
しかし全体のバランスを考えれば、背が低めでもロングアイテムをクールに取り入れることは可能! その際、柄や色のコントラストを意識して縦ラインを整えることがポイントとなります。

肌色の悩み×イエロー色

今夏のトレンドカラーはイエロー。ただ、イエローは選び方を一歩間違えると肌色がくすんで見えてしまうこともある少し難しいカラーでもあるのです。せっかくなら、自分の肌色を魅力的にみせるイエローのカラーを選びたいですよね。
肌色をより魅力的に魅せたいなら、色黒さんは彩度が高めの濃いイエロー、色白さんはパステル調など淡いイエローが似合います。肌とのコントラストを変えすぎないことが服と肌を上手く馴染ませるポイントです。

二の腕×スリットスリーブ

二の腕が太めだと悩んでいる人は、ノースリーブに抵抗があると思います。でも、着る服を半袖だけに限定してしまうとオシャレの幅も狭まります。そういう人にオススメなのがスリットスリーブです。
スリットスリーブはノースリーブよりも袖丈があり、フレンチスリーブよりも短いため二の腕の気になる部分を隠してくれる救世主。袖口がV字になっていて、一番太い箇所をさりげなく視覚から外してくれるので、着るだけで細見えを狙うことができるんです!

肩幅×オープンショルダー

肩幅が広かったり、いかり肩の人は肩全体を出すと“少しいかつい”イメージを与えてしまうリスクがあります。そのため、「なにがなんでも肩は隠さなければ……」と思っている人もいると思うのですが、オフショルダーよりも肩の露出が少なめのオープンショルダーなら肩を華奢に見せることが可能に!
ストラップの部分が太めのデザインのものを選んだり、袖が少し落ちているタイプのものを選ぶなどするとより肩が華奢に見えます。

体型のコンプレックスは、露出が多い季節でもちゃんとカバーすることができるんですね! ただ、コンプレックスを強みに変える服と出会うためには、自分の体と向き合うことが何よりも肝心なことであるともいえそうです。
そのあとの話はとっても簡単。流行を楽しみながら自分自身をより“魅力的”にする服をどんどん探すだけです。それでは、今夏のオシャレも存分に楽しんでいきましょう!