執行役として辣腕を振るう「畑違い」の転職先で成功した理由

ざっくり言うと

  • エステーの執行役である鹿毛康司氏が転職を振り返った
  • 雪印乳業を退社後に43歳で転職活動をし、エステーの宣伝部署に入った
  • 会社を好きになる、言い訳しない、自分より優秀な人に会うことを意識した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング