シンガーソングライターの米津玄師

写真拡大

 シンガー・ソングライターの米津玄師(27)が「東京2020公認プログラム〈NHK〉応援ソングプロジェクト」の楽曲を手がけることが12日、分かった。作詞、作曲、プロデュースを手がけた楽曲「パプリカ」を、オーディションで選ばれた5人組の小学生ユニット・Foorin(フーリン)が歌唱する。

 2020年東京オリンピック・パラリンピックが差し迫る中、子供たちの五輪への関心度アップに向け、ティーンから絶大な人気を誇る“カリスマ”とNHKがタッグを組んだ。

 「〈NHK〉−」は、2020年に向けた機運を高めるためのNHKの事業(番組やイベント)。アンニュイな風貌と心を打つ歌詞で若者を魅了し続ける米津が手がけた「パプリカ」は、本人いわく「ダイレクトに子供へ向けた音楽」だといい、「子供たちが、小さな世界を元気に生きていくための糧になるように」との願いが込められた。

 楽曲を歌うのは、米津自身がオーディションで選んだ、小2から小6までの5人で結成されたFoorin。まずは8〜9月の「みんなのうた」で同曲がお披露目され、今後、さまざまな形で紹介される。

 子供からお年寄りまで一緒になって踊れるキャッチーなダンスが振り付けられる予定で、“Foorinダンス”にも注目が集まりそうだ。

 同曲のCD売り上げや配信の収益及び、米津自身の印税は、全額、スポーツ振興基金を通じ、次世代アスリート育成支援のために寄付されるという。

 なお、NHKの東京五輪のテーマ曲について、同局広報は「現時点では未定」としている。