1人の港区男子と繋がれば、100人の港区男子と繋がる。

人間は、同じステータスの者同士で一緒にいるのが一番気遣わずにいられるのだから、港区男子が港区男子と交流を深めるのは当然だ。

友人同士の何気ない会話から、ビジネスに発展することも少なくないと聞く。

では彼らは実際の所、どんな交友関係を持っているのだろうか?

その華麗なる交友関係の実態に迫ってみよう。

前回は6億円のヴァイオリンを所有する港区男子を紹介した。さて、今回は?




【今週の港区男子】

名前:篠原さん(42才)
出身地:神奈川県横浜市
職業:美容クリニック院長
交際:独身、既婚歴なし


社会人になってから開花した、ファッションへの関心


銀座のとあるビルの5階、エレベーターの扉が開くと、

そこに立っていたのは…。

吸い込まれそうな強い目力を持つ端整な顔立ちに、きれいに整えられたひげとオールバックのヘアスタイル。真っ白な白衣を羽織り、洗練された大人の色気と余裕、そしてただ者ではないオーラを醸し出す一人の男性。

今回の主人公は、吉祥寺、広尾、銀座にクリニックを構える、『スキン リファイン クリニック』院長の篠原さん。

美容雑誌やTVなど、メディアでも活躍している売れっ子美容皮膚科医だ。



シャツとベストは、お気に入りのイタリアブランド、エトロのもの


白衣を脱ぐと、白シャツとシックな柄のベストに、足元はローファー。

きれいめアイテムにユーズド加工のブラックデニムを合わせて、抜け感を出したスタイルは、おしゃれ上級者だ。

「カチッとした格好が好きで、ラフな格好はあまりしないんです」



靴はジミーチュウ。素足に見えるが靴下は着用。おしゃれ上級者たるもの、靴下はちらりとも見せない


今でこそ自分らしいファッションを楽しむ篠原さんだが、実はもともとファッションにはあまり関心がなかったという。

「表参道のクリニックに勤務していた時、まわりにはおしゃれなブティックがあって、患者さんもきれいに着飾っている。ちょうど雑誌などのメディアにも出演するようになった頃で、少しは興味を持った方がいいんじゃないかと思いはじめて」

興味がない状態から、ここまで洗練されたファッションを自ら選んで身に纏うようになるのだから、やはり港区男子のポテンシャルの高さはすごい。

交友関係を探る前に、気になるライフスタイルについて聞いてみた。


売れっ子美容皮膚科医の、意外な趣味が明らかに!?


ほぼ週7日外食。港区男子が選ぶお店は…


「趣味はお酒。ほぼ毎晩、仕事関係の方や友人たちと外食ですね」

週2回の休日も、仕事がない場合は昼間から飲みに行くのが唯一の楽しみだという。かなりのお酒好きのようだ。

よく訪れるのは、
「西麻布界隈は多いですね。仕事関係の人と利用する時は、個室や静かなお店を選びます。男女問わず2人の場合は、カウンターが好き。直接顔を突き合わせるより、隣同士の方が話しやすいし距離も縮まります」

港区男子が選ぶレストランといえば、予約が取りづらいのでは?

「プライベートで行く時は、少ないお店のレパートリーを回る感じ。お鮨や小料理屋が多いですね。行きたい時にすぐ入れるようなお店。そして、最後はバーに。

2年先まで予約が埋まってます!というようなお店にももちろん行きます。でもそれは誰かが予約してくれて誘ってもらった時。僕はまったく努力もせず、完全に便乗しているだけですが(笑)」

よく行くのは『表参道バンブー』、『小笠原伯爵邸』、銀座の『Dハートマン』など。

お酒は何でも嗜むそうだが、太らないようにワインと日本酒はできるだけ避けて、焼酎かハイボールが多いとか。

「外食が多いせいか最近太ってきて……。服だけじゃなく、靴まできつくなってきたんですよね(笑)。でもお腹がちょっと出てるくらいがちょうどいいでしょ」

靴まで!。港区男子といえば、忙しくても週4ジムで鍛えてます!と引き締まったボディを見せつける姿を想像していたが、意外なおちゃめ発言に、逆に戸惑ってしまった

のも、束の間……

持ち物を紹介してもらった瞬間、港区男子らしさを炸裂となるのだった。


こだわりの愛用品をご紹介


お気に入りの私物を見せてもらうようお願いをしていた。

「エルメスが好きで、銀座店はクリニックから近いのでよく見に行きます。担当の販売員の方が、新作や限定商品が入荷すると教えてくれるので」



どちらも、エルメスの“ボリード”の限定バッグ。箱根や熱海あたりに1泊で行くときに

「普段使いには、エルメスのトートバッグ。他に、メンズでも持てる大きなサイズのバーキン 40を2つ持っています。フェンディやロエベも好きで使いますよ」



ウブロ、ジャガー・ルクルト、ブルガリの時計


バッグや時計は、出張で海外に行った時に、欲しいものに出合ったら購入するそう。

「時計は服に合わせて使い分けています。夏は白が活躍しますね。でも先日バーベキューで泥酔して、ウブロの白い時計を失くしてしまって…」



愛車のフェラーリ458スパイダー


そして港区男子の必需品と言っても過言ではない、高級車。篠原さんは、フェラーリとポルシェの2台を所有している。

「フェラーリは購入して4年目。乗り心地もスピード感も好きなんですよね。もう一台は3年前に購入したポルシェのカイエン」

東京のアッパー層の世界をリアルに謳歌している篠原さん。そんな彼は、一体どんな交友関係を持っているのだろうか。


港区男子的、交友関係を広げる策とは…?


一人と繋がれば、みんなと繋がる


そもそも、どんなきっかけで人と知り合うのか尋ねると、

「最初は、異業種交流会のパーティーや少人数での食事会がきっかけ。今度あの人紹介しますよと、グルメ会とか美食会とかに誘われて仲良くなることが多いですね。

基本、誘われたら断りません」

この「紹介しますよ」を合言葉に、港区男子の交友関係は芋づる式にどんどん広がっていくのだ。

「あの人を知ると、あの人もこの人も…と。結局みんな繋がるんですよね」

もちろんその芋づるに掴まることができるのは、世間でいう“成功者”だけの特権だ。


波長と価値観が合えば、自然と仲も深まる


「知り合う」だけでは、交友関係は広がらないし、深まらない。

波長や価値観、金銭感覚が合うと、一緒にいて気を遣わず居心地がいい。そして一緒に過ごす時間も増え、仲も深まるのだ。

「僕のまわりは、お酒好きが多いんです。次の日が仕事でも酔っ払って二日酔いになることもしばしば…。もちろん経営者や自営業の人は休めないじゃないですか。

それでもみんな飲むんです。そういう苦しい状況を共有する同志です(笑)」



エルメスのブレスレットは、両方仲間からのプレゼント


大人数での食事会で、気になるのがお会計事情。割り勘?それとも誰かの奢り?

「高級店だと基本的には割り勘が多いですよ。そうでなければ、誰かが奢ってくれることも多い。前回奢ってもらったから今日は僕が…と奢ることも」


繋がるなら、同業者より異業種の経営者

経営者は車好きが多い。集まると車の話題が出ることも多いという


「僕は開業医だけど、医者同士の繋がりは少ないんですよ。どちらかというと同世代の経営者や自営業の仲間が多いですね。業界は不動産関係、飲食関係、芸能関係、建築関係などさまざま。その方が世界も広がって面白いし、勉強にもなるんです」

いざという時、頼りになるのは異業種の仲間。それもトップの経営者だ。

例えば物件を探したい、予約が取れないレストランを予約したい…など、どんな時もトップと繋がっていれば話が早い。そして優遇もされる。逆も然り。ギブ&テイクの関係で成り立っているのだ。

「自然と縁がある人は繋がれるから、無理に繋がろうとはしていないけど、その縁がお互いメリットになるならより嬉しいですよね。みんなそれを分かっているから、惜しみなくいろいろな業界のトップの人を紹介し合います」

そう言って爽やかな笑顔を向けてくれた篠原さん。

彼は今夜も、港区のどこかで仲間たちと一緒に、美味しいお酒を酌み交わすのだろう。

▶NEXT:7月20日 金曜更新予定
25歳という若さでリタイア生活に突入した、自由すぎる港区男子が登場。