ソシエダ、ニューカッスルからMFミケル・メリノを完全移籍で獲得

写真拡大

レアル・ソシエダは12日、ニューカッスルからスペイン人MFミケル・メリノ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年となる。

オサスナの下部組織出身のメリノは2014年にトップチームデビュー。その後、2016年にはドルトムントに加入も思うように出場機会を得られず、2017年夏にニューカッスルへ買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。そして、同年10月には契約時に設定された出場試合数を満たしたことで完全移籍に切り替わっていた。

昨季は同胞の指揮官ラファエル・ベニテス監督の下でリーグ戦24試合に出場し1ゴールを記録するなど、守備的MFの準主力として活躍していた。