ユーベ加入のカンセロ、インテルに感謝しつつ「勝ちに来た」

写真拡大

ユベントスに加入したポルトガル代表DFジョアン・カンセロが、入団会見を行った。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などがその模様を伝えている。

2017-18シーズンにインテルで活躍したものの、バレンシアからの完全移籍が成立しなかったカンセロは、新シーズンからユベントスでプレーする。

この移籍についてカンセロは「ユベントスはずっと僕を欲しがってくれていた。ここでのプレーはどんな選手でも夢だね」とコメント。「インテルは僕にとって特別なクラブで、僕を成熟させてくれた。とても感謝している」と述べつつ、「インテルとユベントスはどちらもビッグクラブだ。ユーベは近年、リーグ戦を支配してきた。勝つために僕はここに来たんだ」と話している。

ユベントスは現在、FWクリスティアーノ・ロナウド獲得の話題で一色だ。カンセロはポルトガル代表でチームメートである。

カンセロは「クリスティアーノは世界一だ。チームのクオリティーを上げてくれすなる。一緒に勝ち続けることを願っているよ。彼が勝者のメンタリティーを運んでくれる」と話した。