第3弾でドラキュラが恋に落ちる!? (C)2018 Sony Pictures Animation Inc.
and MRC II Distribution Company LP.
All Rights Reserved.

写真拡大

 全米で大ヒットを記録した3Dアニメ映画シリーズの約2年ぶり新作「モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!」が、10月19日から全国公開されることがわかった。あわせて予告編と、日本語版声優を務める山寺宏一&川島海荷&藤森慎吾による喜びのコメントが披露された。

 世界中からモンスターたちが癒しを求めてやってくるホテルを舞台に、オーナーのドラキュラ、その娘メイヴィス、偶然やってきた人間ジョナサンによる物語を描いた人気シリーズ。第3弾となる今作では一行が家族旅行のため豪華客船に繰り出し、これまで娘や孫のことばかり心配していたドラキュラが、裏がありそうな船長・エリカとの恋に落ちていく様子を映し出す。

 3作続けて日本語版のドラキュラ役を務める山寺は、「いつもの舞台のホテルを飛び出して、家族旅行で向かった豪華クルーズ船でドラキュラが恋に落ちてしまう、というストーリーです」と説明し、「これまでは父親としての面が描かれてきましたが、今回は1人の恋する男として、恋心を抱く相手にメロメロになったりと、ドラキュラの新たな一面を楽しめると思います。今年のハロウィンはぜひ劇場で『モンスター・ホテル』最新作をご覧ください!」と呼びかける。

 同じくメイヴィス役の川島も「今回もモンスターたちが起こすミラクルが本当にバリエーション豊かで面白いです」と明かし、「あいかわらず『モンスター・ホテル』の世界はクオリティが高く出来上がっているなと思いました。前作に続きメイヴィスというドラキュラの娘をやらせてもらっているのですが、今回は父の背中を押す娘、そして娘ならではの複雑な感情もあり、モンスターだけど人間らしい共感できる部分もあると思います」とアピール。ジョナサン役の藤森は「今回、活躍のシーンが多いので、やりがいもありました」と胸を張りつつ、「今までちょっと抜けたチャラチャラしたジョナサンでしたけど、かなり頼りがいのある一面もあり、いつも通り可愛らしいメイヴィスにメロメロな部分もありますけれども、かなりキーになってくるんじゃないかと思っています」と話している。

 「モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!」は、ほか我修院達也、三ツ矢雄二、若本規夫、大谷育江、磯辺万沙子、雨蘭咲木子、渡辺早織らが日本語版声優として出演している。